プレスリリースのご報告

プレスリリースのご報告

SHARE ON:

  

日本初の「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム」を設立~

「世界の労働者から信頼され、選ばれる日本」を目指して~

  

 国際協力機構(JICA)と一般社団法人ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サステイナブル・サプライチェーン(ASSC)は、共同で事務局となり、日本において外国人労働者を受け入れる企業及び業界団体、労働組合、市民社会、メディア、研究者らと共に、「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム」を、2020年11月16日に設立します。

 同プラットフォームの公式ウェブサイトを開設し、参加希望団体を募った上で、設立フォーラムを11月16日に開催します。また、同プラットフォームの概要や、外国人材受入に関するJICAの最新の取組を紹介する記者勉強会を10月28日に開催予定です。

  

<設立の背景>

 コロナ禍による国を超えた人の移動の停止は、産業を支える上で外国人労働者が不可欠[1]となっているわが国の現状を改めて浮きぼりにしました。一方で、国内では、外国人労働者の受入れにあたって様々な問題も起こっています。他の先進国や一部新興国でも少子化が進んでおり、この状況が改善されなければ、将来労働者の確保が困難になることが危惧されます。

 こうした、外国人労働者を巡る諸問題が社会の共通課題として認識され、改善に向けた取り組みを進めるためには、民間企業、地方自治体はじめ多くのステークホルダーが連携・協力する必要があることから、本プラットフォームが設立される運びとなりました。

[1] 日本には2020年1月時点で約166万人の外国人労働者がおり、技能実習および特定技能の外国人労働者は約38万人、雇用する事業所数は24万となっています。

  

<設立フォーラム>

日時:11月16日(月)15:30~18:00(予定)

場所:JICA緒方貞子平和開発研究所・国際会議場(オンライン配信も予定)

  

<公式ウェブサイト>

URL: https://jp-mirai.org (10月16日開設)

  

<記者勉強会>

・日時:10月28日(水) 15:00~16:30

・形式:オンライン方式(Zoom)

・内容:(1)本プラットフォーム設立の趣旨・概要

    (2)外国人材受入に関するJICAの最新の取り組み

 

 

 

 

 

【プラットフォームに関するお問い合わせ】

一般社団法人ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サステイナブル・サプライチェーン(ASSC)内プラットフォーム事務局
TEL:044-982-1729 
Email:ask@jp-mirai.org

  

【記者勉強会に関するお申込み・お問い合わせ】

JICA広報室報道課: 加瀬 
TEL:03-5226-9780 
Email:Kase.Haruko@jica.go.jp

  

<プラットフォームの概要>

  • 構成メンバー:日本において外国人労働者を受け入れる企業及び業界団体、労働組合、市民社会、メディア、研究者など。
  • 目的:日本の社会・経済の一翼を担う外国人労働者の労働・生活環境を改善し、外国人労働者を適正に受入れることを目指す。それにより、日本の生産性向上や社会を発展させること、世界の労働者から信頼され選ばれる日本を創造することに貢献する。
  • 本プラットフォームの行動原則:11月の設立フォーラムの総会にて承認される予定。

  

<主な活動>

1. 外国人労働者への有益な情報提供

2. 外国人労働者の抱える問題の把握(声を聞く)

3. 日本を含め各国の政府機関や国際機関等との連携による解決策の検討

4. 日本における外国人労働者の労働・生活環境の改善の必要性に関する啓発・広報・政策提言および具体的な活動の推進

5. 外国人労働者の適切な受入れについての相互学習、会員相互の情報交換・交流・協働の推進

  

<設立の発起人ならびに主なご賛同団体>(10月16日時点)

  • 発起人:JICA、ASSC、株式会社クレアン(うち、JICA、ASSCは共同事務局)
  • 賛同(企業・団体、あいうえお順):アイ・シー・ネット株式会社、味の素株式会社、株式会社アシックス、株式会社繊研新聞社、株式会社中島建設、国民生活産業・消費者団体連合会(生団連)、サステナブル・ブランド ジャパン(株式会社博展)、住友電気工業株式会社、ダイセン株式会社(繊維ニュース)、トヨタ自動車株式会社、三起商行株式会社
  • 賛同(個人):飯塚まり(同志社大学大学院ビジネス研究科教授)、弁護士 指宿昭一、弁護士 杉田昌平(センチュリー法律事務所)、弁護士 高井信也

 

<共同事務局について>

  • ASSC: 世界の動向を見据えて2018年から民間企業及びそのサプライチェーンの外国人労働者の労働環境を向上する目的で、「外国人労働者協議会」を設置し、民間企業の取り組み改善を支援した実績を有する団体です。
  • JICA:外国人労働者の多くは途上国から来て、将来的に母国に戻り、途上国の地域社会や産業を支える人材として活躍することが期待されます。JICAは、外国人労働者の来日前の人材育成、帰国した外国人労働者の就業や起業支援、また帰国した海外協力隊員等の日本国内の多文化共生への活躍推進に取り組んで来ました。これらの事業とも連動しつつ、本プラットフォームの取組みを推進していく方針です。

  


  

本件に関するお問合わせ先
【プラットフォームに関するお問い合わせ】
一般社団法人ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サステイナブル・サプライチェーン(ASSC)内プラットフォーム事務局
TEL:044-982-1729 Email:ask@jp-mirai.org

【記者勉強会に関するお申込み・お問い合わせ】
JICA広報室報道課: 加瀬 
TEL:03-5226-9780  Email:Kase.Haruko@jica.go.jp

一覧

https://youtu.be/HAnByt7PyLk 当日の資料はJP-MIRAI会員にのみ共有しています 3月30日、責任ある外国人労働者受け入れプラットフォーム(JP-MIRAI)では会員向けセミナーを実施し、毎日新聞社の岩崎さん(個人会員)を講師にお招きし、「KOKOROプロジェクト」についてお話しいただきました。KOKOROプロジェクトとは、日本語とベトナム語で日本での生活に役立つ情報やベトナム人の生の声を掲載しているウェブサイトです。 *KOKOROサイト(https://www.kokoro-vj.org/ja) ■内容: 1、KOKOROプロジェクトとは何か 2、取材から見えてきた「技能実習生の側からみた満足・不満足の分かれ目」 3、JP-MIRAIの会員に伝えたいこと 4、質疑応答・会員同士の意見交換 ■講師:毎日新聞 KOKOROプロジェクト担当 岩崎日出雄様 ■日時:2021年3月30日(火)16:30-17:30 岩崎さんからはKOKOROプロジェクトの紹介、多くの技能実習生の取材事例とそこから得られた考えなければいけないことが紹介され、このような現状に対し、対応策を議論したいという声が会員(参加者)より上がり、今後のさらなる対話に繋げることとなりました。...

責任ある外国人労働者受け入れプラットフォーム(JP-MIRAI)の第2回アドバイザリー・グループ会議が3月24日(水)13:30-15:00に実施されました。*アドバイザリー・グループはJP-MIRAI規約第8条に基づいて、事務局の依頼により総会に提案する事務局案や活動計画の助⾔を⾏います。現在のメンバーについては加盟団体紹介​ - Japan Mirai (jp-mirai.org) の「アドバイザリー・グループ」をご参照ください。会議では、事務局から2021年JP-MIRAI活動計画のアップデート及び現在までの活動と課題の共有、次いでアドバイザリー・グループのメンバーから「行動原則実践の推進」計画に関する報告が行われました。その後、今後の活動に向けたディスカッションが行われました。次回開催は6月を予定しています。...

3月4日に、タイ、カンボジア、モンゴルの駐日大使館に責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)の概要と活動計画を事務局から説明し、意見交換を行いました。 この会合は、JP-MIRAIが今後、外国人労働者向け情報提供や外国人労働者の声を聞く取り組み、日本国内の企業の取り組み強化や政府等ステークホルダーとの意見交換、対外発信といった活動を展開するにあたり、駐日大使館の担当官にJP-MIRAIをご理解いただくことを目的としたものです。 意見交換においては、大使館もそれぞれの国から来日し働いている労働者から問い合わせを受けることも多く、問い合わせ先について迷うなど対応に苦慮する状況が共有されました。日本として取り組むべき課題の一端が見えたので、今後の活動に反映するとともに、必要に応じ情報交換を進める予定です。...