第3回「技能実習生『手数料』問題研究会」の開催実施報告

SHARE ON:

「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)」は、「技能実習生『手数料』問題研究会」(全4回予定、公開・リモート開催)の第3回を6月1日(火)に実施した。「アジアの労働市場の視点から見た手数料問題」と題して、統計情報に基づいた課題の分析と解決策の提案や監理団体の取り組みについて説明された。

講師の公開のご了解の得られた資料・動画を公開しました。

今後も講師より公開のご了解をいただいたものから、順次公開をします。*資料の無断転載を禁じます

主催者挨拶

① 国立社会保障・人口問題研究所 国際関係部長 是川夕様:「アジアの労働市場・移民労働の現状」

*国立社会保障・人口問題研究所 是川様の発表資料は限定公開となります。資料をご希望の方はJP-MIRAI事務局(ask@jp-mirai.org)までお問い合わせください。確認後、担当より資料を送付いたします。なお、第三者への資料の共有はお控えくださいますよう、お願いいたします。

日本は国際的な定義で言われる「永住型労働移民」(就労を目的に望んで更新手続きをすれば滞在延長が可能な移住者)の受入れが多い。経済原則から労働力の移動に伴うコスト、すなわち手数料の発生は免れない。労働市場における需給のギャップと情報の非対称性を改善するため、コストを可視化し関係者間で適正に分担することで、労働者への過度の負担を回避することが可能である。

② TSC JAPAN株式会社 取締役、グローバル・ビジネス・アライアンス協同組合(GBA)専務理事 松本伸彦様:「ベトナム送出機関の現状及び、手数料問題について」

*資料はこちらより見られます

技能実習生の受入れにあたり、各関係機関によるコンプライアンス違反が常態化し、技能実習生本人への負担が増加している実情が存在すると指摘。当社は信頼できる送出機関とともに、経費の透明化や適正な手数料の設定について協議を重ねている。制度の適正な運用を行うためにも、送出機関、監理団体、受入れ企業が連携して課題に取り組むことで、手数料問題の解決につながる。

質疑応答

今回も参加層は幅広く、第1回及び第2回を上回る250名超が参加した。プレゼン後のまとめで質疑応答を実施、参加者から、その他、受入れ企業との手数料に関する協議の方法について等多くの質問が寄せられた。

次回、最終回の第4回(6月15日)では、複数のステークホルダーによる発表とパネルディスカッションで解決に向けた議論を行う予定。

以上

別紙:プログラム詳細

一覧

「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)」は、「相談・救済」研究会(公開・リモート開催)の第4回目を開催し、全4回を終了しました。第1回~第4回を通して、外国人在留支援センター(FRESC)、外国人技能実習機構、行政書士、民間企業、NPO、NGO等、様々な視点から、取り組み事例の紹介を含め、外国人向けの相談窓口や救済支援についての発表をしていただきました。最終回となった第4回目は、株式会社グローバルトラストネットワークス様より民間企業の取組みご説明の他、「JP-MIRAIが果たすべき役割とは」と題し、杉田昌平弁護士による進行のもと、民間企業、NGOからの参加を得てパネルディスカッションを行いました。第1回~第4回までの内容を踏まえて、相談・救済機能におけるJP-MIRAIに求められる取り組みについての議論が行われました。JP-MIRAI会員を含め計75人が参加しました。これまでの議論をベースに、JP-MIRAIでは、2022年1月(予定)より、日本初のマルチステークホルダーで実現する「ビジネスと人権指導原則」準拠の人権デューデリジェンス及び救済メカニズム構築に向けたパイロット事業を実施します。説明会を9月2日、6日に予定していますので、ご協力を検討頂ける会員様はぜひこちらからお申し込みください。JP-MIRAI相談救済パイロット説明会案内第4回及びこれまでの研究会の詳細については下記資料・動画をご参照ください。登壇者の了解が得られた発表資料、動画を公開しております。・第1回~第3回の資料リンク第1回「相談・救済」公開研究会実施報告 - Japan Mirai (jp-mirai.org)第2回「相談・救済」公開研究会実施報告 - Japan Mirai (jp-mirai.org)第3回「相談・救済」公開研究会実施報告 - Japan Mirai (jp-mirai.org)・第4回「相談・救済」公開研究会 資料・動画https://www.youtube.com/watch?v=BlRbn5xKStA開会の挨拶 JP-MIRAI事務局https://www.youtube.com/watch?v=ZPlgbTcjGEY民間企業の取組み 株式会社 グローバル・トラスト・ネットワークス 代表取締役 後藤裕幸氏https://www.youtube.com/watch?v=PZWlOoTttssJP-MIRAI緊急支援(ミャンマー)の教訓 JP-MIRAI事務局 八下田https://www.youtube.com/watch?v=XcGMhaP895c研究会の報告を踏まえた今後の方向性 JP-MIRAI事務局 宍戸https://www.youtube.com/watch?v=XxdMJtXtQGoパネルディスカッションhttps://www.youtube.com/watch?v=NQ1rMkH52KM閉会の挨拶 JP-MIRAI事務局*資料の無断転載を禁じます 以上...

「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)」は、2021年7月26日(月)から9月17日(金)まで8週間にわたり「技能実習生及び就労系の在留資格を有するベトナム人等向け能力開発研修」をJICA東京センターで実施しています。 【研修の様子】 日本語研修の様子 日本国内の企業で働くことを想定し、会話や職場でのやり取りに重点を置いた授業を行っています。授業以外の場面でも、NPO法人日越ともいき支援会の方々や通訳がサポートに加わり、研修参加者の日本語会話能力の向上を支援しています。 研修参加者は授業に慣れ、日々単語力・会話力を強化すると同時に、授業や生活に対する姿勢も学んでいます。 技術研修の様子 JP-MIRAI会員企業・団体やJP-MIRAI会員である弁護士を講師に、日本での働き方、キャリア形成、技能実習制度理解に関する講義・ワークショップを行いました。また、元青年海外協力隊員から海外と日本での働き方の違いを聞くプログラムも実施しました。研修を通して、研修参加者はキャリアに関する目標を立て、現状を踏まえて、今後進むべき方向性を明確にしました。 レクリエーション・日本語模擬試験 土曜日はレクリエーション、日曜日は日本語模擬試験を実施しています。 レクリエーションでは、日本の世界遺産について調べ発表するなど、日本の歴史や文化について理解を深めています。研修参加者同士教えあう様子や、質疑応答を活発に交わす様子が見られました。 ...

「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)」は、「相談・救済」研究会(全4回予定、公開・リモート開催)の第3回目を実施しました。「企業活動・労使関係の中での救済」と題し、業界団体・労働組合からの報告として全日本金属産業労働組合協議会様から、各種相談対応を行う団体として一般社団法人The Global Alliance for Sustainable Supply Chainから取り組みの説明を行いました。また、浜松国際交流協会(HICE)様から自治体・国際交流協会によるワンストップサービスの取り組みを説明頂きました。JP-MIRAI会員を含め計72人が参加しました。講師より公開のご了解をいただいた資料と動画を公開します *資料の無断転載を禁じますhttps://www.youtube.com/watch?v=Tz4mqQgiAhM開会の挨拶 JP-MIRAI事務局https://www.youtube.com/watch?v=-B9FDY37mlw「業界団体・労働組合からの報告」金属労協の取り組み報告 全日本金属産業労働組合協議会 岡本俊也氏 資料はこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=-tMcamXFwmE企業のサプライチェーンの労働者相談対応について 一般社団法人 The Global Alliance for Sustainable Supply Chain 理事 和田征樹氏https://www.youtube.com/watch?v=_dN2x3uUW7A浜松市の外国人住民の現状と多文化共生施策・HICEの取り組み 浜松国際交流協会(HICE) 多文化社会コーディネーター/事務局次長 松岡真理恵氏 資料はこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=eRO89fTOkJM質疑応答https://www.youtube.com/watch?v=fjZGIV7TCN0閉会の挨拶 JP-MIRAI事務局8月24日の第4回(最終回)研究会では、第1回~第3回の議論を踏まえて、パネルディスカッションを通じてJP-MIRAIが果たすべき役割を議論する予定です。次回の詳細プログラムはこちらをご覧の上、お申し込みください。「相談・救済研究会」の開催について(ご案内) - Japan Mirai (jp-mirai.org)以上...