「相談・救済研究会」の開催について(ご案内)

SHARE ON:

このイベントは終了しました。実施報告についてはこちらをご覧下さい。

1.背 景

我が国が、2020年10月に策定・公表した「『ビジネスと人権』に関する行動計画(20202025)」において、SDGsの達成や国際社会の関心が高まる中、人権の保護・促進への取り組みが一層重要になっておるとの認識のもと、官民様々な取り組みが掲げられています。特に企業に対しては、「企業活動における人権への影響の特定、予防・軽減、対処、情報共有を行うこと、人権デュー・ディリジェンスの導入促進への期待」が表明されています。

これらはグローバル企業のみならず、そのサプライ・チェーンにある企業や中小企業にも対応が求められています。こうした取り組みは、個々の企業等で対応していくには、難しく関係するステークホルダーが協力し、取り組みを進めていく必要があります。

我が国には、様々な在留資格で来日する外国人労働者に対して、既に政府や自治体、労働組合、NPO等民間団体による相談窓口や支援機能がありますが、これらの機関が果たす役割と各企業等が果たすべき役割の役割分担や連携協力の在り方、対応が行われてきておりますが、今後、私たちが、さらにどのような取り組みを行うべきか、また責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)がどのような役割を果たしうるのかについて議論を行う事を目的として公開研究会を開催します。

2.開催日程・プログラム案:(日程・登壇者は変更になることがあります)

3.開催形式:   オンライン        (参加申し込み・登録された方にリンクをお送りします)

4.参加者 :    どなたでもご参加いただけます(事前登録制)      

5.資料公開:    プレゼンターの許可あるものは原則公開。ディスカッションについては、発言者を特定しない形で公開。

6.申し込み:   終了しました

一覧

「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)」は、日本国内の外国人労働者の課題解決に向けて、2020年11月に民間企業・自治体・NPO・学識者・弁護士・JICAなどが集まり設立されたプラットフォームです。  2020年11月の設立から約1年半を迎え、この度、公開フォーラム~選ばれる国に向けたJP-MIRAIの挑戦~を開催します。会場は、JICA国際会議場(東京都新宿区市谷本村町10-5(JICA市ヶ谷ビル内))です。ご多忙の折恐縮ですが、万障お繰り合わせの上ご参加賜りますよう何卒宜しくお願い致します。 開催概要日時: 2022年7月5日(火) 午後1時30分~午後6時10分(3部制。第1部、第2部、第3部いずれかのみご参加いただくことも可能です。)場所: 東京都新宿区市谷本村町10-5 JICA市ヶ谷ビル2階 国際会議場【+オンライン(ウェビナー)】会場参加人数: 100名 (先着順)参加費:無料 プログラム: *第1部と第3部の間にはJP-MIRAI会員限定の臨時総会があります。臨時総会には非会員の参加者の皆様は参加することができない旨ご了承ください。会場へお越しの方はJICA地球ひろば(https://www.jica.go.jp/hiroba/index.html)内にてお過ごし頂ける場所がございます。〈第1部 JP-MIRAI会員の行動原則実践活動報告会〉JP-MIRAIの団体・個人2021年下期の活動について、プラットフォームの掲げる行動原則に基づき実践してきた「責任ある外国人受け入れ」について会員の皆様からの実践事例を紹介します。ご参加の皆様に「いいね」投票をお願いする予定です。発表会員(順不同)・株式会社アシックス・ミズノ株式会社・イオン株式会社・公益財団法人沖縄県国際交流・人材育成財団・NPO法人Adovo・株式会社アルプスビジネスクリエーション・やさしい日本語ツーリズム研究会 吉開章 様〈第2部 JP-MIRAI臨時総会(会員限定)〉臨時総会は会員の方向けです。非会員の皆様には参加ができない旨ご了承ください。非会員の参加者の皆様にはJICA地球ひろば内にてお過ごし頂ける場所がございます。〈第3部相談・救済パイロット事業ローンチイベント〉JP-MIRAIでは、民間企業のビジネスと人権の取組みを支援するため、2022年5月より「外国人労働者相談・救済パイロット事業」を2022年5月より開始。情報提供から多言語相談窓口、独立性・中立性の高い紛争解決までの一貫したメカニズム及び人権リスク情報の企業へのフィードバックをパッケージ化した、我が国初の取り組みとなります。同時に、JP-MIRAIの会員とともに外国人の受入れ態勢の改善に資するパイロット事業も開始しました。今回、この取組みのご紹介とともに、「『ビジネスと人権』とJP-MIRAIの役割」、「より良い外国人の受入れに向けた取組み」という2つのテーマで多様なステークホルダーにご登壇いただき、あるべき姿についてのパネルディスカッションを開催します。セッション(案)・JP-MIRAIの外国人労働者「相談・救済」の取り組み・パネルディスカッション セッション 1:「ビジネスと人権」とJP-MIRAIの役割・パネルディスカッション セッション2:より良い外国人の受入れに向けた取組み※こちらのセッション案は現時点のものです(更新予定)。【参加申込】第1部 13:30~15:00 会員による活動報告会https://zoom.us/webinar/register/WN_tydAjKdYRHuDX3reJ-fwUg第2部:15:15~16:00 JP-MIRAI臨時総会(会員専用ページよりお申込みください。)第3部 16:15~18:10  「JP-MIRAI相談救済パイロット事業」ローンチイベント~選ばれる国に向けたJP-MIRAIの挑戦https://zoom.us/webinar/register/WN_Rpt_0Y5AS_mfW96quWl3DQコロナ感染症対策:・会場の収容定員を上限とします。・体調のすぐれない方の会場参加はご遠慮ください。・会場では原則マスク着用、手指消毒をお願いします。主催: 責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)お問い合わせ:ask@jp-mirai.org...

責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)は、「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)」相談・救済パイロット事業説明会を5月18日に開催し、会員の方々にご参加頂きました。 説明会の動画はこちらからご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=_C0qrjtjbjY 説明会の資料はこちらからご覧ください。 JP-MIRAI相談救済パイロット事業(実施基盤整備:JICAロット)説明会資料...