「相談・救済研究会」の開催について(ご案内)

SHARE ON:

このイベントは終了しました。実施報告についてはこちらをご覧下さい。

1.背 景

我が国が、2020年10月に策定・公表した「『ビジネスと人権』に関する行動計画(20202025)」において、SDGsの達成や国際社会の関心が高まる中、人権の保護・促進への取り組みが一層重要になっておるとの認識のもと、官民様々な取り組みが掲げられています。特に企業に対しては、「企業活動における人権への影響の特定、予防・軽減、対処、情報共有を行うこと、人権デュー・ディリジェンスの導入促進への期待」が表明されています。

これらはグローバル企業のみならず、そのサプライ・チェーンにある企業や中小企業にも対応が求められています。こうした取り組みは、個々の企業等で対応していくには、難しく関係するステークホルダーが協力し、取り組みを進めていく必要があります。

我が国には、様々な在留資格で来日する外国人労働者に対して、既に政府や自治体、労働組合、NPO等民間団体による相談窓口や支援機能がありますが、これらの機関が果たす役割と各企業等が果たすべき役割の役割分担や連携協力の在り方、対応が行われてきておりますが、今後、私たちが、さらにどのような取り組みを行うべきか、また責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)がどのような役割を果たしうるのかについて議論を行う事を目的として公開研究会を開催します。

2.開催日程・プログラム案:(日程・登壇者は変更になることがあります)

3.開催形式:   オンライン        (参加申し込み・登録された方にリンクをお送りします)

4.参加者 :    どなたでもご参加いただけます(事前登録制)      

5.資料公開:    プレゼンターの許可あるものは原則公開。ディスカッションについては、発言者を特定しない形で公開。

6.申し込み:   終了しました

一覧

受入企業・団体等の認証について考える研究会第2回「グローバルスタンダードを目指すためには」JP-MIRAIでは、8月25日に「受入企業・団体等の認証について考える研究会」の第1回を開催し、自治体や業界団体のご担当者より受入れ企業や仲介団体に関する認証や評価制度などをご紹介いただき、議論を行いました。外国人労働者をめぐる課題については、大きく分類すると、国の制度や法律に紐づいて起こっている課題と、雇用主や関係者の意識と理解不足により起こっている課題があります。前者は法制化・罰則など制度の見直しによりある程度解決されうる面もありますが、後者については、企業など外国人労働者を受け入れる側でも意識を高めていく必要があります。そこで、第2回では、グローバルスタンダードやそれに基づく認証等を学び、JP-MIRAIとして目指すべき姿や方向性を検討します。開催日時:10月13日(木)16:00~18:00開催方法:オンライン参加者:どなたでもご参加いただけます(事前登録制)参加費:無料参加申込:こちらからご登録をお願いしますhttps://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_Wwczbm8ASnGMbgBS5JvJFg※登録されたメールアドレス宛に視聴URLが届きます。※届かない場合は、メールアドレスに誤りがあるか、迷惑メールに振り分けられている可能性があります。ご確認の上、再度ご登録ください。問い合わせ:JP-MIRAI事務局 ask@jp-mirai.orgプログラム(一部調整中) ...

JP-MIRAIは地域に居住する外国人と地域の方が助け合い・交流するためのツールとしてアプリ「JP-MIRAIフレンズ」をローンチいたしました。このアプリでは、日本に来ても、職場以外の日本人と話す・交流する機会が無かったという外国人と、何か外国人の役に立ちたいという日本人をつなぐ機能を実現しております。紹介用のチラシを9言語(日本語、英語、中国語、ベトナム語、タガログ語、インドネシア語、ミャンマー語、ポルトガル語、スペイン語)で準備しており(https://jp-mirai.org/jp/2022/11915/)、また、今回、このアプリのローンチに合わせ、外国人との交流に役立つ知識が得られ、楽しく交流いただくきっかけとなるように下記の要領にて研修会を設けさせていただきましたので、ご関心のある方はご自身でご活用、ご参加いただいたり、お知り合いの方にご紹介いただければ幸いです。記【目的】・「JP-MIRAIフレンズ」の使い方や出来ることに関するご説明・外国人との交流にあたって知っておくと役に立つ情報のご紹介【事前登録について】参加をご希望の方は研修開催日の事前登録先リンクよりお申込みをお願いいたします。※ご登録後、Zoomより自動的に登録されましたメールに視聴リンクが送付されます。【研修 1回目】日時:2022年9月28日(水) 19:00-21:00 オンライン(zoom)開催事前登録先:https://zoom.us/meeting/register/tJYsduCurzMuH9dOFL-zq_eFY4CPkuMbsXFv主催:JP-MIRAI事務局(JP-MIRAIサービス)参加費:無料【研修 2回目】日時:2022年10月1日(土) 15:00-17:00 オンライン(zoom)開催事前登録先:https://zoom.us/meeting/register/tJUlfu2oqDoiG9J3JxpHLdiBsc96ymqHIAKl主催:JP-MIRAI事務局(JP-MIRAIサービス)参加費:無料【プログラム】※今回の研修は日本語のみとなります。※1回目・2回目の内容は同じですので、ご都合の良い日時にご参加ください。 ※参加登録ができない場合は下記のメールアドレスよりお申込みください。friends@jp-mirai.or.jp登録されたメールアドレス宛に視聴URLが届かない場合は、メールアドレスに誤りがあるか、迷惑メールに振り分けられている可能性がありますのでご確認の上、再度ご登録願います。個人情報は個人情報保護規定に従って適切に管理いたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。 お問い合わせ先JP-MIRAI共同事務局(JP-MIRAIサービス)一般社団法人JP-MIRAIサービス担当:吉住 優子 YOSHIZUMI Yuko(Ms) friends@jp-mirai.or.jp...

受入企業・団体等の認証について考える研究会第1回「自治体および業界団体の取り組みから学ぶ」JP-MIRAIでは、これまでに「技能実習生『手数料』問題研究会」、「相談・救済研究会」、「諸外国のビジネスと人権の取り組み研究会」、「選ばれる日本に向けた望ましい外国人材受入れ制度を考える研究会」の公開研究会を開催し、各分野の専門家や研究者、実際に取り組みを行っている団体、企業などからご報告をいただきました。公開研究会の過程で、望ましい外国人労働者の受け入れには、適切なステークホルダーとの連携が必要であるという理解が共有されると同時に、適切なステークホルダーの探し方、連携関係の構築が難しいことも明らかになったといえます。かかる課題が背景にある中で、外国人労働者に関するステークホルダーであり、望ましい行動をとっている団体等が選ばれやすくなるための仕組みの1つとして、認証制度が考えられます。そこで、今回は、受入れ企業や仲介団体に関する認証や評価制度などをすでに実施している自治体や団体のご担当者様をお招きして、外国人労働者が安心して働くことができる労働環境の整備や外国人労働者に関する課題への取り組みを促進することができる仕組みを考えます。日時:8月25日(木)15:00~17:00開催形式:オンライン(Zoomウェビナー)参加者:どなたでもご参加いただけます(事前登録制)参加費:無料参加申込:こちらからご登録をお願いしますhttps://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_J63ZKrsbQp6pPwsqn54XMA※登録されたメールアドレス宛に視聴URLが届きます。※届かない場合は、メールアドレスに誤りがあるか、迷惑メールに振り分けられている可能性があります。ご確認の上、再度ご登録ください。問い合わせ:JP-MIRAI事務局 ask@jp-mirai.orgプログラム ...