7月28日 15:00-17:00 オンライン開催 公開研究会 選ばれる日本に向けた望ましい外国人材受入れ制度を考える第3回「受入国と移住労働者の脆弱性~受入国の制度は移住労働者の脆弱性に影響するか」のご案内

SHARE ON:

公開研究会 選ばれる日本に向けた望ましい外国人材受入れ制度を考える
第3回「受入国と移住労働者の脆弱性~受入国の制度は移住労働者の脆弱性に影響するか」

現在、外国人労働者や留学生の入国が再開され、多くの外国人が来日されています。また、本年は外国人労働者の受入れ制度の見直しについての論点整理等が行われる予定であり、どのような制度により、外国人労働者を受け入れるかを検討することがますます重要となっています。
外国人労働者の受入れは、受入国(ホスト国)である日本の制度を中心に考えても、その全容を把握することは難しく、国際労働移動の全プロセスである①送出国内での移動、②送出国から受入国への移動、③受入国内での就労と移動、④送出国への再統合という一連の過程について、移住労働者の「脆弱性」を中心に置いて検討する必要があります。
このような問題意識から、第1回では移住労働者が抱える脆弱性について、第2回では送出国における制度の違いが移住労働者の脆弱性に与える影響について検討し、改善のためにそれぞれのステークホルダーが取り組むべきことについて議論しました。3回目となる今回は、受入国の制度および受入国の制度が移住労働者の脆弱性に与える影響を検討します。

日時:2022年7月28日(木)15:00~17:00
開催形式:オンライン(Zoomウェビナー)
参加者:どなたでもご参加いただけます(事前登録制)
参加費:無料
参加申込:こちらからご登録をお願いします
https://zoom.us/webinar/register/WN_-PrRoUkURxGLfG2WMLooJg
※登録されたメールアドレス宛に視聴URLが届きます。
※届かない場合は、メールアドレスに誤りがあるか、迷惑メールに振り分けられている可能性があります。ご確認の上、再度ご登録ください。
問い合わせ:JP-MIRAI事務局 ask@jp-mirai.org

プログラム

第1回、第2回の研究会の報告はこちらからご覧いただけます。
第1回公開研究会リンク
第2回公開研究会リンク

第4回公開研究会は、9月中旬以降に開催を予定しています。これまでの研究会を振り返り、望ましい制度と必要な取り組みについて検討します。

 

一覧

JP-MIRAIはJICA中部・名古屋出入国在留管理局共催「外国人のための生活・仕事相談会」にブース出展します。当日は、以下の「相談できる機関」に、在留資格や仕事探しなど、日本の生活で悩んでいることについて、相談いただけます。予約は不要で、通訳も準備されております。JP-MIRAIブースでは、JP-MIRAIの活動紹介や、JP-MIRAIポータルの紹介を通じて、より多くの個人・団体にJP-MIRAIやJP-MIRAIポータルについて知ってもらう機会を創出します。ぜひ名古屋近郊にお住いのお知り合いの外国人の方々に会場へ足をお運び頂けますようお声がけいただけますと幸いです。相談できる機関:名古屋出入国在留管理局、愛知労働局、法テラス愛知・三河、名古屋法務局その他参加機関:責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)、外国人支援・多文化共生ネット日時:2022年12月11日(日曜日)・12日(月曜日)10時~16時(相談会最終受付15時30分)会場:JICA中部共催:独立行政法人国際協力機構中部センター(JICA中部)、名古屋出入国在留管理局予約:不要通訳:あり参加費:無料 チラシ:外国人のための生活・仕事相談会チラシ:もっと!世界を見てみよう!外国人のための生活・仕事相談会 | イベント情報 | JICA中部 - JICA体験!ナント身近な世界の国ぐに | イベント情報 | JICA中部 - JICA...

2022年公開フォーラム「外国人労働者のプロセス全体にわたる脆弱性を考える」開催のご案内JP-MIRAIは2020年の設立以来、外国人労働者の受入企業や監理団体・仲介団体だけでなく、外国人労働者を支援するNPO、自治体、弁護士・社労士、さらに研究者など関心を寄せてくださる多くのステークホルダーの皆様に支えられ、研究会やセミナー等さまざまなプロジェクトを展開してきました。2022年には、外国人労働者に役立つ情報を提供するポータルサイト「JP-MIRAIポータル」、9言語対応の外国人労働者向け相談窓口「JP-MIRAIアシスト」、日本で働く外国人と日本人の間のコミュニケーションや助け合いをサポートする「JP-MIRAIフレンズ」のプロジェクトを開始しました。この度、2022年度会員総会(会員限定)のタイミングに合わせ、一般の方もご参加可能な公開フォーラムを以下の通り開催いたします。2022年度公開フォーラムは2部構成で開催され、第1部ではJP-MIRAIの2022年度活動報告を行います。第2部はパネルディスカッションを中心に、セッション1では先行して取り組みを始めている企業の事例を紹介しつつJP-MIRAIがビジネスと人権で取り組むべきことについて議論し、セッション2では地域における多文化共生の取り組みを紹介し、議論します。この2つのセッションを通じて、プロセス全体にわたる外国人労働者の脆弱性について考えます。会場およびオンラインでのハイブリッド形式での開催となります。皆様のご参加をお待ちしております。<開催概要>日時:2022年12月9日(金) 15時00分~18時00分場所:JICA市ヶ谷・国際会議場 (オンライン配信あり)       https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html会場参加人数:60名 (先着順) ※オンライン参加者の人数制限はございません。参加費:無料主催:責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)お問い合わせ:ask@jp-mirai.org<参加申込フォーム>https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_J6AaOGB8RK6PxB2eaUVzygプログラム <コロナ感染症対策>・会場の収容定員を上限とします。・体調のすぐれない方の会場での参加はご遠慮ください。・会場では原則マスク着用、手指消毒をお願いします。...

JP-MIRAI(責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム)は、設立から2年が経ち、現在550を超える企業・団体・個人にその活動趣旨に賛同いただき、会員となっていただいております。 2022年7月5日に開催した2021年度下半期活動報告会では、7会員にご登壇いただき、様々な業種の具体的な活動内容をご発表いただきました。 (7月の会員活動報告会の模様はこちらよりご覧頂けます。) 今回も、会員間での事例の共有、交流促進を目的として、JP-MIRAIの掲げる5つの行動原則を実践している会員から活動報告を行っていただく機会を設けました。 企業、自治体、監理団体、NPOなど多様なステークホルダーで構成されるJP-MIRAIの会員の皆様が、どのような「責任ある外国人労働者受入れ」の行動原則を実践されているか共有頂きます。JP-MIRAIの掲げる行動原則についてより具体的に知る良い機会になると思いますので、是非ご参加ください。 開催日時:11月18日(金)15:00~17:00 開催方法:オンライン 参加者:どなたでもご参加いただけます(事前登録制) 参加費:無料 参加申込:こちらからご登録をお願いいたします https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_3ZIvubR3Q-qIzLE6RkNouw ※登録されたメールアドレス宛に視聴URLが届きます。 ※届かない場合は、メールアドレスに誤りがあるか、迷惑メールに振り分けられている可能性があります。ご確認の上、再度ご登録ください。 登壇会員(五十音順):磐田国際交流協会、(社)外国人介護職員支援センター、加山興業株式会社、榑松佐一様、公益財団法人国際労働管理財団、協同組合ビジネスナビ、明治HD株式会社 ...