JP-MIRAI 外国人労働者相談・救済パイロット事業 企業説明会のご案内 

SHARE ON:

「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム」(JP-MIRAI)では、「相談・救済研究会」での議論をベースに、2022年4月下旬より、日本初のマルチステークホルダーで実現する「ビジネスと人権指導原則」準拠の人権デューデリジェンス及び救済メカニズム構築に向けたパイロット事業を実施します。

昨年秋以来、準備を進めて参りましたが、①ポータルサイトの開設(相談の入り口のひとつ)、②相談窓口や伴走支援を行う事業者の選定作業、③民間企業様の資金の受け皿となる、「一般社団法人JP-MIRAIサービス」の設立などの準備が進み、4月下旬以降、パイロット事業が開始できる見込みが立ちました。

以下のとおり、参加を検討されている民間企業の皆様を対象に、公開説明会を行いますので、是非ご参加ください。

3月17日(木)16:00-17:30 オンライン

3月22日(火)16:00-17:30 オンライン

プログラム(両日とも同じ)

1600  開会挨拶                                          東京弁護士会 矢吹会長

1605  パイロット事業説明                           JICA 宍戸上級審議役

1640~ 企業の立場から見た必要性               企業代表

1650  支援現場から見た重要性                  グローバルHRストラテジー 杉田代表弁護士

1700  質疑応答

 

JP-MIRAIパイロット事業_説明資料

また、上記説明会に参加できなかった企業様等個別にご説明が必要な企業様も遠慮なくご連絡ください。

 

申し込み先:https://forms.office.com/r/m7PZkeSsVY

※締め切り 17日・22日どちらも正午まで。 当日の13時頃Zoomリンクを送付いたします。

お問い合わせ:JP-MIRAI事務局 八下田

       電話03-5226-8749.  メールアドレスhelpdesk@jp-mirai.org

一覧

受入企業・団体等の認証について考える研究会第1回「自治体および業界団体の取り組みから学ぶ」JP-MIRAIでは、これまでに「技能実習生『手数料』問題研究会」、「相談・救済研究会」、「諸外国のビジネスと人権の取り組み研究会」、「選ばれる日本に向けた望ましい外国人材受入れ制度を考える研究会」の公開研究会を開催し、各分野の専門家や研究者、実際に取り組みを行っている団体、企業などからご報告をいただきました。公開研究会の過程で、望ましい外国人労働者の受け入れには、適切なステークホルダーとの連携が必要であるという理解が共有されると同時に、適切なステークホルダーの探し方、連携関係の構築が難しいことも明らかになったといえます。かかる課題が背景にある中で、外国人労働者に関するステークホルダーであり、望ましい行動をとっている団体等が選ばれやすくなるための仕組みの1つとして、認証制度が考えられます。そこで、今回は、受入れ企業や仲介団体に関する認証や評価制度などをすでに実施している自治体や団体のご担当者様をお招きして、外国人労働者が安心して働くことができる労働環境の整備や外国人労働者に関する課題への取り組みを促進することができる仕組みを考えます。日時:8月25日(木)15:00~17:00開催形式:オンライン(Zoomウェビナー)参加者:どなたでもご参加いただけます(事前登録制)参加費:無料参加申込:こちらからご登録をお願いしますhttps://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_J63ZKrsbQp6pPwsqn54XMA※登録されたメールアドレス宛に視聴URLが届きます。※届かない場合は、メールアドレスに誤りがあるか、迷惑メールに振り分けられている可能性があります。ご確認の上、再度ご登録ください。問い合わせ:JP-MIRAI事務局 ask@jp-mirai.orgプログラム ※当日の議論の状況により、プログラムは変更される可能性があります。...

JP-MIRAI は、8 月 5 日により、新たな取り組みとして、外国人と日本人が助け合い・交流するための「JP-MIRAI フレンズ」をスタートすることになりました。日本に来ても、職場以外の日本人と話す・交流する機会が無かったという外国人と、何か外国人の役に立ちたいという日本人をつなぐ機能を実現しています。是非、皆様にもご活用いただきたく、ご案内させていただきます。皆様にも是非ご活用いただき、以下のとおり、説明会&意見交換会を開催いたしますので、お時間が許せば是非ご参加ください。*チラシはこちらからダウンロードできます興味関心のある個人の方、団体へご案内いただけますようお願い申し上げます。【開催概要】●日本人向け説明会 1 回目日時:8 月 6 日(土) 16:00 ~ 16:30場所:オンライン(Zoom によるウェビナー)主催:JP-MIRAI 事務局(JP-MIRAI サービス)参加費:無料●日本人向け説明会 2 回目日時:8月 8 日(月) 19:00 ~ 19:30場所:オンライン(Zoom によるウェビナー)主催:JP-MIRAI 事務局(JP-MIRAI サービス)参加費:無料※1 回目と 2 回目の説明会は同じ内容になりますご参加できる方は下記リンクまたは QR コードよりお申込みください。URL: https://forms.gle/SFaGvAZ3Gzrrh6Rm6 参加登録ができない場合は下記のメールアドレスよりお申込みください。friends@jp-mirai.or.jp登録されたメールアドレス宛に前日までに視聴 URL が届きます。登録されたメールアドレス宛に届かない場合は、メールアドレスに誤りがあるか、迷惑メールに振り分けられている可能性がありますのでご確認の上、再度ご登録願います。なお、個人情報は個人情報保護規定に従って適切に管理いたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。お問い合わせ先JP-MIRAI 共同事務局(JP-MIRAI サービス)一般社団法人 JP-MIRAI サービス担当:吉住 優子 YOSHIZUMI Yuko(Ms)friends@jp-mirai.or.jp...

日本国際交流センター(JCIE)の「外国人材の受入れに関する円卓会議」では 2019年2月に「外国人とともに創る日本の未来ビジョン」と「在留外国人等基本法の要綱案」を、2021年6月には「アフターコロナ時代に向けての外国人受入れ政策のあり方―「選ばれる国」への新提言―」を策定しました。また、日本経済団体連合会(経団連)は、2022 年 2 月「Innovating Migration Policies―2030 年に向けた外国人政策のあり方―」を発表し、国際協力機構(JICA)は2022年3月に「2030/40 年の外国人との共生社会の実現に向けた取り組み調査・研究報告書」において中長期的な視点からの提言を公表しています。JP-MIRAIは、8月10日に開催される三団体共催シンポジウムに協力いたします。2020年代以降、加速する人口減少の中で、日本の社会、企業を支える人材がひっ迫するとの危機感を共有するとともに、日本社会の活力維持の上で外国人材の活躍は必要不可欠であり、それによる多様性が社会の活力を生み出す原動力になり得るとの認識を共有しています。本シンポジウムは三団体の提言・調査研究の成果をもとに、アフターコロナの世界で日本が「選ばれる国」になるための議論が活発化することを目的とし、開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。開催概要日 時: 2022年8月10日(水) 14時00分~16時00分場 所: オンライン(Zoomによるウェビナー)共 催:独立行政法人 国際協力機構(JICA)    一般社団法人 日本経済団体連合会    公益財団法人 日本国際交流センター(JCIE)※50音順協 力:責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)参加費:無料プログラム(予定): 参加申込事前登録制。下記リンクよりお申込みください。登録されたメールアドレス宛に視聴 URL が届きます。届かない場合は、メール アドレスに誤りがあるか、迷惑メールに振り分けられている可能性がありますの でご確認の上、再度ご登録願います。なお、個人情報は各共催団体の個人情報 保護規定に従って適切に管理いたします。https://zoom.us/webinar/register/WN_XFkYIT55RZWBWZ-ngjTVcw※先着500名。上限に達し次第、申込を締め切らせていただきます旨ご了承ください。本イベントに関するお問い合わせJICA国内事業部外国人材受入支援室 tagfr1@jica.go.jp日本国際交流センター(JCIE) youth@jcie.jp 経団連産業政策本部  imm@keidanren.or.jp...