「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)」は、「相談・救済」研究会(公開・リモート開催)の第4回目を開催し、全4回を終了しました。第1回~第4回を通して、外国人在留支援センター(FRESC)、外国人技能実習機構、行政書士、民間企業、NPO、NGO等、様々な視点から、取り組み事例の紹介を含め、外国人向けの相談窓口や救済支援についての発表をしていただきました。最終回となった第4回目は、株式会社グローバルトラストネットワークス様より民間企業の取組みご説明の他、「JP-MIRAIが果たすべき役割とは」と題し、杉田昌平弁護士による進行のもと、民間企業、NGOからの参加を得てパネルディスカッションを行いました。第1回~第4回までの内容を踏まえて、相談・救済機能におけるJP-MIRAIに求められる取り組みについての議論が行われました。JP-MIRAI会員を含め計75人が参加しました。これまでの議論をベースに、JP-MIRAIでは、2022年1月(予定)より、日本初のマルチステークホルダーで実現する「ビジネスと人権指導原則」準拠の人権デューデリジェンス及び救済メカニズム構築に向けたパイロット事業を実施します。説明会を9月2日、6日に予定していますので、ご協力を検討頂ける会員様はぜひこちらからお申し込みください。JP-MIRAI相談救済パイロット説明会案内第4回及びこれまでの研究会の詳細については下記資料・動画をご参照ください。登壇者の了解が得られた発表資料、動画を公開しております。・第1回~第3回の資料リンク第1回「相談・救済」公開研究会実施報告 - Japan Mirai (jp-mirai.org)第2回「相談・救済」公開研究会実施報告 - Japan Mirai (jp-mirai.org)第3回「相談・救済」公開研究会実施報告 - Japan Mirai (jp-mirai.org)・第4回「相談・救済」公開研究会 資料・動画https://www.youtube.com/watch?v=BlRbn5xKStA開会の挨拶 JP-MIRAI事務局https://www.youtube.com/watch?v=ZPlgbTcjGEY民間企業の取組み 株式会社 グローバル・トラスト・ネットワークス 代表取締役 後藤裕幸氏https://www.youtube.com/watch?v=PZWlOoTttssJP-MIRAI緊急支援(ミャンマー)の教訓 JP-MIRAI事務局 八下田https://www.youtube.com/watch?v=XcGMhaP895c研究会の報告を踏まえた今後の方向性 JP-MIRAI事務局 宍戸https://www.youtube.com/watch?v=XxdMJtXtQGoパネルディスカッションhttps://www.youtube.com/watch?v=NQ1rMkH52KM閉会の挨拶 JP-MIRAI事務局*資料の無断転載を禁じます 以上...

「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)」は、2021年7月26日(月)から9月17日(金)まで8週間にわたり「技能実習生及び就労系の在留資格を有するベトナム人等向け能力開発研修」をJICA東京センターで実施しています。 【研修の様子】 日本語研修の様子 日本国内の企業で働くことを想定し、会話や職場でのやり取りに重点を置いた授業を行っています。授業以外の場面でも、NPO法人日越ともいき支援会の方々や通訳がサポートに加わり、研修参加者の日本語会話能力の向上を支援しています。 研修参加者は授業に慣れ、日々単語力・会話力を強化すると同時に、授業や生活に対する姿勢も学んでいます。 技術研修の様子 JP-MIRAI会員企業・団体やJP-MIRAI会員である弁護士を講師に、日本での働き方、キャリア形成、技能実習制度理解に関する講義・ワークショップを行いました。また、元青年海外協力隊員から海外と日本での働き方の違いを聞くプログラムも実施しました。研修を通して、研修参加者はキャリアに関する目標を立て、現状を踏まえて、今後進むべき方向性を明確にしました。 レクリエーション・日本語模擬試験 土曜日はレクリエーション、日曜日は日本語模擬試験を実施しています。 レクリエーションでは、日本の世界遺産について調べ発表するなど、日本の歴史や文化について理解を深めています。研修参加者同士教えあう様子や、質疑応答を活発に交わす様子が見られました。 ...

「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)」は、「相談・救済」研究会(全4回予定、公開・リモート開催)の第3回目を実施しました。「企業活動・労使関係の中での救済」と題し、業界団体・労働組合からの報告として全日本金属産業労働組合協議会様から、各種相談対応を行う団体として一般社団法人The Global Alliance for Sustainable Supply Chainから取り組みの説明を行いました。また、浜松国際交流協会(HICE)様から自治体・国際交流協会によるワンストップサービスの取り組みを説明頂きました。JP-MIRAI会員を含め計72人が参加しました。講師より公開のご了解をいただいた資料と動画を公開します *資料の無断転載を禁じますhttps://www.youtube.com/watch?v=Tz4mqQgiAhM開会の挨拶 JP-MIRAI事務局https://www.youtube.com/watch?v=-B9FDY37mlw「業界団体・労働組合からの報告」金属労協の取り組み報告 全日本金属産業労働組合協議会 岡本俊也氏 資料はこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=-tMcamXFwmE企業のサプライチェーンの労働者相談対応について 一般社団法人 The Global Alliance for Sustainable Supply Chain 理事 和田征樹氏https://www.youtube.com/watch?v=_dN2x3uUW7A浜松市の外国人住民の現状と多文化共生施策・HICEの取り組み 浜松国際交流協会(HICE) 多文化社会コーディネーター/事務局次長 松岡真理恵氏 資料はこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=eRO89fTOkJM質疑応答https://www.youtube.com/watch?v=fjZGIV7TCN0閉会の挨拶 JP-MIRAI事務局8月24日の第4回(最終回)研究会では、第1回~第3回の議論を踏まえて、パネルディスカッションを通じてJP-MIRAIが果たすべき役割を議論する予定です。次回の詳細プログラムはこちらをご覧の上、お申し込みください。「相談・救済研究会」の開催について(ご案内) - Japan Mirai (jp-mirai.org)以上...

「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)」は、「相談・救済」研究会(全4回予定、公開・リモート開催)の第2回目を実施しました。 「民間団体による救済」と題し、NGO/NPOからの報告として、NGO神戸外国人救援ネット様とNPO法人日越ともいき支援会様から取り組みの説明があったほか、専門家からの報告として、行政書士明るい総合法務事務所様から事例を含めた救済支援について説明を頂き、JP-MIRAI会員を含め計83人が参加しました。 講師より公開のご了解をいただいた資料と動画を公開します *資料の無断転載を禁じます https://www.youtube.com/watch?v=rMx-jxzzUe8 開会の挨拶 JP-MIRAI事務局 https://www.youtube.com/watch?v=omQmFNBzXTM NGO神戸外国人救援ネットについて―結成の経緯と活動の特徴― NGO神戸外国人救援ネット草加道常氏 資料はこちら 日越ともいき支援活動〜命と人権を守る〜 NPO法人日越ともいき支援会 代表理事 吉水慈豊氏 資料はこちら https://www.youtube.com/watch?v=9DtEbsylJeQ 身近な街の法律家 行政書士からの報告 行政書士明るい総合法務事務所 代表 特定行政書士 長岡由剛氏 資料はこちら https://www.youtube.com/watch?v=G9NqjQ8W84w 閉会の挨拶 JP-MIRAI事務局 8月3日に開催される第3回研究会では「企業活動・労使関係の中での救済」として、業界団体、各種相談対応を行う団体や自治体の方から、それぞれの活動について紹介していただきます。8月24日の第4回(最終回)研究会では、第1回~第3回の議論を踏まえて、パネルディスカッションを通じてJP-MIRAIが果たすべき役割を議論する予定です。 第3回以降の詳細プログラムはこちらをご覧の上、お申し込みください。 「相談・救済研究会」の開催について(ご案内) - Japan Mirai (jp-mirai.org) 以上...

7月18日(日)、責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)は、「在日ミャンマー人向け在留と仕事に関する個別相談会」を開催しました。就学・実習・就業を終え、引き続き日本国内での在留や就業を希望するミャンマー人10名が対面で、1名がオンラインで参加しました。中には難民申請中の方もいらっしゃいました。 JP-MIRAIは、8月15日(日)及び9月19日(日)にも同様の個別相談会を開催し、引き続き支援を行ってまいります。【相談会の様子】参加者からは在留資格変更や就職、転職等に関する相談が寄せられ、JP-MIRAI会員弁護士(杉田昌平様)を中心に対応しました。言葉の問題から、ミャンマー語通訳(モモ様(ゴールデンバガン))にも協力いただきました。特に就労先の確保に関するニーズが高く、JP-MIRAI会員企業の皆様には引き続きのご協力をお願いいたします。 【相談会実施の背景】 ミャンマーでは、2021年2月1日にクーデターが発生し、今後の情勢が見通せない状況となっています。日本国内に在留するミャンマー人約3万3千人のうち、日本国内で学位を取得した留学生や実習を終えた技能実習生などが帰国困難となり、先行きを不安視する声が上がっています。他方で、5月28日には法務省から特例措置が発表され、情勢不安を受けて日本での在留を希望する者には在留資格が与えられることとなりました。 JP-MIRAIは、6月26日に日本国内での在留資格変更や求職に関する制度説明を行う「在日ミャンマー人向け在留と仕事に関するオンラインセミナー」を開催しました。セミナー後の参加者からのアンケートでは、個別相談のニーズが高く、様々な相談機会が必要であることを確認しました。これを受け、今回、「在日ミャンマー人向け在留と仕事に関する個別相談会」を行うこととしました。...

「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)」は、「相談・救済」研究会(全4回予定、公開・リモート開催)を開始しました。本研究会は、様々な官・民のアクターが実施する外国人向けの相談窓口や支援機能の役割分担や連携協力の在り方を紹介し、今後私たちに求められる支援、責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)の役割について議論することを目的としています。第1回目は「救済メカニズムとは?」と題し、救済メカニズムの概要説明とともに、外国人在留支援センター(FRESC)様、外国人技能実習機構(OTIT)様から国・公的機関の取組みの説明があったほか、民間企業が求める「救済」として味の素株式会社様から発表を頂きました。JP-MIRAI会員を含め計107人が参加。参加者層は民間企業、監理団体/登録支援機関、送出し機関、人材紹介会社、関係省庁、メディア、研究者/学生、行政書士/社労士、NPO等幅広い層からの参加があり、同問題に関する関心の高さが伺えました。講師からご了承の得られた資料・動画を公開しました。今後もご了承のいただいたものから順次公開を予定しています。*資料の無断転載を禁じますhttps://www.youtube.com/watch?v=1QNyJyQGxKc開会の挨拶(JP-MIRAI事務局)https://www.youtube.com/watch?v=Z4W7M8kDyFc「救済メカニズム」とは(ビジネスと人権NAP)~三菱UFJリサーチ&コンサルティング 櫻井洋介氏 資料はこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=Il5oxE3OlrQ国における相談対応の取り組み~外国人在留支援センター(FRESC)を中心として~出入国在留管理庁在留管理支援部 在留支援課長(外国人在留支援センター(FRESC)センター長)田平浩二氏 資料はこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=dn-5o5-RLcQ外国人技能実習機構における技能実習生に対する相談等の支援~外国人技能実習機構 技能実習部援助課長 植村浩明氏 資料はこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=rKPCtvEGK8Y日本企業が求める「ビジネスと人権における『救済』」~味の素株式会社 中尾洋三氏 資料はこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=ufI1_VV_nw0閉会の挨拶(JP-MIRAI事務局)7月27日に開催される第2回研究会では「民間団体による救済」として、実際に救済を行っているNPOや行政書士の方からの取組みをご紹介いただきます。また、8月3日に開催される第3回研究会では「企業活動・労使関係の中での救済」として、業界団体や各種相談対応を行う団体の方より、それぞれの活動について紹介していただきます。第1回~第3回の議論を踏まえて、8月24日の第4回(最終回)研究会では、パネルディスカッションを通じてJP-MIRAIが果たすべき役割を議論する予定です。第二回以降の詳細プログラムはこちらをご覧の上、お申し込みください。「相談・救済研究会」の開催について(ご案内) - Japan Mirai (jp-mirai.org)以上...

6月26日、責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)は、「在日ミャンマー人向け在留と仕事に関するセミナー」をオンラインで実施しました。就学・実習・就業を終え、またはその他の事情で引き続き本邦での在留や就業を希望する在留ミャンマー人に対し、在留資格の特例措置や諸制度を説明するとともに、JP-MIRAI会員企業による就業関連の情報提供を行いました(参加登録142名)。セミナー後にはアンケートを実施し、来日後1年未満の方から3年以上、日本語レベルもN1レベルからN5未満まで幅広い方に参加いただいたことがわかりました。また、アンケートに回答頂いた9割以上の方から相談会のご希望があり、都内ミャンマー料理店で月1回の個別相談会(対面形式)を開催し、在留ミャンマー人の本邦における就業・生活を支援していきます。【セミナー実施の背景】2021年2月1日にクーデターが発生し、情勢が見通せないミャンマー。日本国内に約3万3千人在留するミャンマー人のうち、日本国内で学位を取得した留学生や実習を終えた技能実習生などが帰国困難となり、先行きを不安視する声が上がっています。他方で、5月28日には法務省から特例措置が発表され、情勢不安により日本での在留を希望する者には在留資格が与えられることとなりました。在留ミャンマー人を支援している関係者から聴き取りを行ったところ、在留資格の特例措置や就業に関する正しい情報提供のニーズが高いことがわかりました。日本語学校から大学院まで幅広い「留学生」が存在するため、「特定技能」から「高度人材」まで幅広い在留資格の情報提供が求められていました。【実施状況】セミナーは、逐次通訳(日緬)を行い、オンラインで実施しました。①外国人在留支援センター(FRESC)紹介、②在留資格・制度について、③ハローワーク紹介、④在日ミャンマー人の経験談、⑤採用面接の準備、⑥求人情報(高度人材)、⑦求人情報(特定技能)と、公的機関とJP-MIRAI会員企業等の双方のご協力により、幅広く実務的な情報を提供しました。ミャンマー人142名の参加登録があったほか、在留ミャンマー人の支援に関心を寄せる日本人からもオブサーバーとして参加があり、高い関心を集めました。【プログラム内容】※通訳・翻訳ご協力:西村あさひ法律事務所 ヤンゴン事務所 アソシエイト ミャンマー法廷弁護士 チー・チャン・ニェイン様 プログラムの資料はこちらからダウンロードできます အစီအစဉ်စာရွက်စာတမ်းများကိုအောက်တွင်ဖော်ပြထားသည်Foreign Residents Support Center (FRESC) ဂျပန်ရောက်မြန်မာနိုင်ငံသားများအတွက် အရေးပေါ်ကယ်ဆယ်ရေးစီမံချက်နှင့်စပ်လျဥ်း၍(FRESC) ※JP-MIRAIで仮訳したもの在留資格制度について(杉田昌平弁護士) ဗီဇာစနစ်နှင့်စပ်လျဥ်း၍ (ရှေ့နေ Mr.Shohei Sugita)ミャンマーの人への就労支援 ~ミャンマー語で何でも相談~ (厚生労働省外国人雇用対策課) မြန်မာပြည်သူများအတွက်အလုပ်အကိုင်ထောက်ပံ့မှု ~မြန်မာဘာသာစကားဖြင့် ဘာမဆို တိုင်ပင်ဆွေးနွေးပါ ~ (ကျန်းမာရေး၊အလုပ်သမားနှင့်လူမှုဖူလုံရေးဝန်ကြီးဌာန နိုင်ငံခြားသားအလုပ်အကိုင်စီမံရေးဌာန)在日ミャンマー人向け在留と仕事に関するセミナー(ミャエンダラスエ様) ဂျပန်ရောက်မြန်မာလူမျိုးများအတွက် နေထိုင်ခွင့်နှင့်အလုပ်အကိုင်ဆိုင်ရာ ဆွေးနွေးပွဲ (MYAT ENDRA SWE)採用面接の準備(JICE) အလုပ်လျှောက်သည့်အခါလူတွေ့မေးမြန်းမှုအတွက်ပြင်ဆင်မှု (JICE) <技術・人文知識・国際業務> 日本国内での就職・転職活動のポイント((株)グローバルパワー) (နည်းပညာ၊ လူ့အသိပညာ၊ အပြည်ပြည်ဆိုင်ရာလုပ်ငန်း) ဂျပန်နိုင်ငံတွင် အလုပ်ဝင်ခြင်း၊ အလုပ်ပြောင်းရန် ဆောင်ရွက် ခြင်းနှင့် စပ်လျဥ်းသည့် အချက်များ (Global Power Co. , Ltd. )特定技能とは((株)ダイブ) သတ်မှတ်နည်းပညာလုပ်ငန်းများဆိုသည်မှာ (Dive Co. , Ltd. )セミナーの動画は、こちらよりご覧ください。https://www.youtube.com/watch?v=B7unUe0m5Bkhttps://www.youtube.com/watch?v=gyQifjeXA_khttps://www.youtube.com/watch?v=BvfdUgTA8UMhttps://www.youtube.com/watch?v=s_UJTmhkuNohttps://www.youtube.com/watch?v=w9vtB2aY0ykhttps://www.youtube.com/watch?v=pm9i8R0zm_Mhttps://www.youtube.com/watch?v=gN28qAuqV5ohttps://www.youtube.com/watch?v=pzOUmbfUvj8https://www.youtube.com/watch?v=8m4b8wa6vGchttps://www.youtube.com/watch?v=vMqPXMoJqU4なお、セミナー当日チャットに頂いたご質問への回答は、代表的なものをいくつかピックアップし、後日Facebookに掲載します。【事後アンケート】今回のセミナーにご参加頂いた方を対象に事後アンケートを行い、ミャンマー人の現状やニーズを把握することができました(回答者13名)。 今後、JP-MIRAIでは、相談を希望する方向けの相談会を実施し、在留ミャンマー人の本邦における就業・生活を支援していきます。 以上...

6月24日、責任ある外国人労働者受け入れプラットフォーム(JP-MIRAI)では会員向けセミナーを実施し、企業・団体会員の一般財団法人日本国際協力センター(JICE)様を講師にお招きし、外国人労働者向けに行う研修マニュアルをもとに、指導する側は何を気にしないといけないかについてお話頂きました。 https://www.youtube.com/watch?v=3i8V9G5e5d4 当日の資料はJP-MIRAI会員にのみ共有しています *JICE様の提供するサービスについてはこちらをご覧下さい *JICE様の提供するオンライン日本語レッスンについてはこちらをご覧下さい ■日時:6月24日(木)17:00-18:30 JICEの打田さんから、JICE作成の外国人および受け入れ担当者のむけの教材の特徴を紹介していただき、外国人労働者を受け入れる心構えや、つまずきやすいポイントを理解して対応することなどを教えていただきました。その他、経済産業省のミスコミュニケーションを防ぐための動画など、お役立ちリンクをたくさんご紹介いただきましたので、ぜひ上記リンクからご覧ください。参加者からは、日本語起因の考え方のずれや、ミスコミュニケーションを防ぐ仕組みづくりについて、体験談とその対応策をご共有いただきました。...

「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)」は、「技能実習生『手数料』問題研究会」(全4回、公開・リモート開催)の第4回「『手数料』問題の解決に向けて」(6月15日(火))を開催し、全4回を終了しました。全4回を通じて、民間企業、監理団体/登録支援機関、送出機関、人材紹介会社、関係省庁、メディア11社、研究者/学生、行政書士/社労士、NPO等幅広い層からのべ1,000名を超える参加があり、この問題に関する関心の高さがうかがわれました。 第1回から第4回まで、①ILO、②弁護士、③大学教授、④送出機関、⑤民間企業(雇用主)、⑥研究者、⑦監理団体、⑧在ベトナム日本大使館から、夫々の視点からプレゼンをしていただきました。 登壇者の了解が得られたプレゼン資料、動画を公開中です。 第1回「技能実習生『手数料』問題研究会」の開催実施報告 - Japan Mirai (jp-mirai.org) 第2回「技能実習生『手数料』問題研究会」の開催実施報告 - Japan Mirai (jp-mirai.org) 第3回「技能実習生『手数料』問題研究会」の開催実施報告 - Japan Mirai (jp-mirai.org)第4回「技能実習生『手数料』問題研究会」資料・動画在ベトナム日本国大使館 一等書記官 林幹雄様 の講演資料はこちら 講演動画は右リンクより見られますhttps://www.youtube.com/watch?v=h_2Me6ktBWQ「パネルディスカッション~解決に向けていま取り組む事」の資料はこちら 講演動画は右リンクより見られますhttps://www.youtube.com/watch?v=hc0vEfToKrE最終回となった第4回では、毎日新聞社岩崎記者による進行のもと、①民間企業、②送出機関、③監理団体、④弁護士、⑤JP-MIRAI事務局(JICA)の参加を得てパネルディスカッションを実施しました。これまでの研究会の発表を振り返り、手数料が発生する背景、高額になる要因を整理・分析した上で、手数料の適正化のために受入企業、監理団体、送出機関等の関係者やJP-MIRAIが取り組める対策について議論を行いました。 まとめとして、課題解決に向け、各企業や団体の取り組みが重要としつつ、このような複雑な社会課題は1社のみの取組みでは対応が困難であり、多様なステークホルダーが集うプラットフォーム(JP-MIRAI)の意義がハイライトされました。ディスカッションの詳細については上記資料・動画をご参照ください。 JP-MIRAIでは、今後も外国人労働者を巡る課題について研究会を継続し、解決策(JP-MIRAIでの取り組みを含む)を提示していく予定です。 以上...

6月19日(土)、株式会社E.x.N主催、責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)協力のもと、映画『僕の帰る場所』のオンライン上映会及びトークイベントを実施しました。当日は、ミャンマーを舞台にした映画『僕の帰る場所』(藤元明緒監督)のオンライン上映を行った後、藤元監督と在留ミャンマーの方2名(匿名)をゲストにお招きし、75名参加のもとトークショーを実施しました。 映画についてはこちらをご覧ください https://passage-of-life.com/ トークショーでは、藤元監督からは映画の制作・撮影の背景について話していただくとともに、「『難民』や『技能実習生』というフィルターを通さずに『人』として映画を通じて出会ってほしい」「映画を撮影していく中でミャンマーの人々とのつながりが増え、また、日本にいる外国人労働者にも関心が高まっていった」とのお話を伺いました。 在留ミャンマーの方からは、ミャンマーの文化について触れつつ、母国のクーデターの影響で、現在日本に滞在するミャンマーの方が不安を抱えている状況であることを伺いました。ゲストの技能実習生は「母国の家族を支えるために来日した。日本語がうまく話せないため実習先では怒られることも多く、仕事も大変。あと半年で現在の技能実習も終わるが、その後も日本に残り、家族を支えたい」と話されました。 最後に、私たちとして出来ることについて話し合い、JP-MIRAI事務局から、在留ミャンマーの方向けに、在留資格や就業などに関する情報提供セミナーを開催する旨お知らせしました(「在日ミャンマー人向け在留と仕事に関するセミナー」の開催 - Japan Mirai (jp-mirai.org))。また、トークショーの終わりには、質疑応答のセッションも設けられました。 多くの皆さまにご関心をいただき、上映とトークを行えられたこと感謝申し上げます。また、ミャンマーの情勢が1日も早く良き方向に向かうことを願ってやみません。 なお、トークショーに登壇いただいた技能実習生から一部厳しい労働環境の実態の話がありましたが、株式会社E.x.N及びJP-MIRAIでは、本人の不利益にならないよう十分配慮の上、ご本人から更なる聞き取りを行い、適切に対処していきたいと思います。 また、JP-MIRAIでは、外国人労働者の責任ある受入れに向けて、日本における外国人労働者の受入れ環境の改善に向けた各種の取組みを行っていきます。株式会社E.x.Nとしましては、今回登壇いただいた技能実習生はじめ、このような例が現在進行形で起きている事実を重く受け止め、映画をはじめとする映像製作・上映はじめ、今後の様々な活動に臨みたいと思っております。今後とも、それぞれの活動についてご注目いただければ幸いです。 ※上映による収益の一部を、ミャンマー市民を支援する活動に寄付します。なお、支援対象の行為が軍からの弾圧対象となっていることに配慮し、寄付先の詳細は控えさせていただきます。予めご了承ください。 以上...