JP-MIRAIはJICA中部・名古屋出入国在留管理局共催「外国人のための生活・仕事相談会」にブース出展します。当日は、以下の「相談できる機関」に、在留資格や仕事探しなど、日本の生活で悩んでいることについて、相談いただけます。予約は不要で、通訳も準備されております。JP-MIRAIブースでは、JP-MIRAIの活動紹介や、JP-MIRAIポータルの紹介を通じて、より多くの個人・団体にJP-MIRAIやJP-MIRAIポータルについて知ってもらう機会を創出します。ぜひ名古屋近郊にお住いのお知り合いの外国人の方々に会場へ足をお運び頂けますようお声がけいただけますと幸いです。相談できる機関:名古屋出入国在留管理局、愛知労働局、法テラス愛知・三河、名古屋法務局その他参加機関:責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)、外国人支援・多文化共生ネット日時:2022年12月11日(日曜日)・12日(月曜日)10時~16時(相談会最終受付15時30分)会場:JICA中部共催:独立行政法人国際協力機構中部センター(JICA中部)、名古屋出入国在留管理局予約:不要通訳:あり参加費:無料 チラシ:外国人のための生活・仕事相談会チラシ:もっと!世界を見てみよう!外国人のための生活・仕事相談会 | イベント情報 | JICA中部 - JICA体験!ナント身近な世界の国ぐに | イベント情報 | JICA中部 - JICA...

2022年公開フォーラム「外国人労働者のプロセス全体にわたる脆弱性を考える」開催のご案内JP-MIRAIは2020年の設立以来、外国人労働者の受入企業や監理団体・仲介団体だけでなく、外国人労働者を支援するNPO、自治体、弁護士・社労士、さらに研究者など関心を寄せてくださる多くのステークホルダーの皆様に支えられ、研究会やセミナー等さまざまなプロジェクトを展開してきました。2022年には、外国人労働者に役立つ情報を提供するポータルサイト「JP-MIRAIポータル」、9言語対応の外国人労働者向け相談窓口「JP-MIRAIアシスト」、日本で働く外国人と日本人の間のコミュニケーションや助け合いをサポートする「JP-MIRAIフレンズ」のプロジェクトを開始しました。この度、2022年度会員総会(会員限定)のタイミングに合わせ、一般の方もご参加可能な公開フォーラムを以下の通り開催いたします。2022年度公開フォーラムは2部構成で開催され、第1部ではJP-MIRAIの2022年度活動報告を行います。第2部はパネルディスカッションを中心に、セッション1では先行して取り組みを始めている企業の事例を紹介しつつJP-MIRAIがビジネスと人権で取り組むべきことについて議論し、セッション2では地域における多文化共生の取り組みを紹介し、議論します。この2つのセッションを通じて、プロセス全体にわたる外国人労働者の脆弱性について考えます。会場およびオンラインでのハイブリッド形式での開催となります。皆様のご参加をお待ちしております。<開催概要>日時:2022年12月9日(金) 15時00分~18時00分場所:JICA市ヶ谷・国際会議場 (オンライン配信あり)       https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html会場参加人数:60名 (先着順) ※オンライン参加者の人数制限はございません。参加費:無料主催:責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)お問い合わせ:ask@jp-mirai.org<参加申込フォーム>https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_J6AaOGB8RK6PxB2eaUVzygプログラム <コロナ感染症対策>・会場の収容定員を上限とします。・体調のすぐれない方の会場での参加はご遠慮ください。・会場では原則マスク着用、手指消毒をお願いします。...

JP-MIRAI(責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム)は、設立から2年が経ち、現在550を超える企業・団体・個人にその活動趣旨に賛同いただき、会員となっていただいております。 2022年7月5日に開催した2021年度下半期活動報告会では、7会員にご登壇いただき、様々な業種の具体的な活動内容をご発表いただきました。 (7月の会員活動報告会の模様はこちらよりご覧頂けます。) 今回も、会員間での事例の共有、交流促進を目的として、JP-MIRAIの掲げる5つの行動原則を実践している会員から活動報告を行っていただく機会を設けました。 企業、自治体、監理団体、NPOなど多様なステークホルダーで構成されるJP-MIRAIの会員の皆様が、どのような「責任ある外国人労働者受入れ」の行動原則を実践されているか共有頂きます。JP-MIRAIの掲げる行動原則についてより具体的に知る良い機会になると思いますので、是非ご参加ください。 開催日時:11月18日(金)15:00~17:00 開催方法:オンライン 参加者:どなたでもご参加いただけます(事前登録制) 参加費:無料 参加申込:こちらからご登録をお願いいたします https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_3ZIvubR3Q-qIzLE6RkNouw ※登録されたメールアドレス宛に視聴URLが届きます。 ※届かない場合は、メールアドレスに誤りがあるか、迷惑メールに振り分けられている可能性があります。ご確認の上、再度ご登録ください。 登壇会員(五十音順):磐田国際交流協会、(社)外国人介護職員支援センター、加山興業株式会社、榑松佐一様、公益財団法人国際労働管理財団、協同組合ビジネスナビ、明治HD株式会社 ...

「責任ある企業行動セミナー ~日本繊維産業連盟および日本政府のガイドラインから考える企業の行動~」2022年8月、日本繊維産業連盟は国際労働機関(ILO)駐日事務所の協力の下、人権分野において日本の繊維業界が社会的責任をはたすためのガイドライン「繊維産業における責任ある企業行動ガイドライン」を公表しました。日本繊維産業連盟のガイドラインの特徴は、サプライチェーンを管理する発注者の立場からではなく、受注者である中・小規模企業の経営者に主眼を置いて策定された点にあります。また、9月には、日本政府が「責任あるサプライチェーン等における人権尊重のためのガイドライン」を公表しました。日本政府のガイドラインは、国連のビジネスと人権に関する指導原則をはじめとする国際スタンダードに則ったものとして、また、人権尊重に関する具体的な取組方法が分からないという企業の声に応えるもとのとして、経済団体、労働組合、国際機関、NGO、専門家、研究者などさまざまなステークホルダーが参加する検討会で議論され作成されました。このたび、日本繊維産業連盟にご協力いただき、これらのガイドラインをもとに、企業はどのように具体的なアクションに結び付けていくべきかということについて考えるセミナーを開催します。日時:2022年11月24日(木)15:00~17:00開催形式:オンライン(Zoomウェビナー)参加者:どなたでもご参加いただけます(事前登録制)参加費:無料参加申込:こちらからご登録をお願いしますhttps://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_EbTqgQi7Tuy1bdLY6MAlHA※登録されたメールアドレス宛に視聴URLが届きます。※届かない場合は、メールアドレスに誤りがあるか、迷惑メールに振り分けられている可能性があります。ご確認の上、再度ご登録ください。問い合わせ:JP-MIRAI事務局 ask@jp-mirai.orgプログラム ...

日本企業のサプライチェーンが海外に広がっていく中で、海外のサプライチェーンにおいても労働者の人権尊重に関する取り組みが企業に求められています。そこで、タイに本拠を置き、東南アジアにおけるサプライチェーンの労働問題のリスクをモニターし、解決に向けた助言を行うNGO「Issara Institute」をお招きし、彼らの海外サプライチェーンにおける取組をご紹介いただきます。「Issara Institute」は2014年に設立されたNGO団体で、数々のグローバル企業をパートナーに持ち、労働者の声を直接聞き取り、サプライチェーン元の企業とともに改善の取り組みを行っています。海外のサプライチェーンにおける労働者の人権保護に関心を持つ皆様、ぜひご参加ください。開催日時:11月21日(月)16:00~17:45(日本時間)開催方法:オンライン(日英通訳あり)プログラム:16:00-17:00 ISSARAからのプレゼンテーション17:00-17:45 質疑応答申込:https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_VLXXFBmSTH2ZOE3QAebpsA問い合わせ:ask@jp-mirai.org...

受入企業・団体等の認証について考える研究会 第3回「民間企業の取組みとJP-MIRAIの役割」 受入企業・団体等の認証について考える研究会第1回「自治体および業界団体の取り組みから学ぶ」では、自治体や業界団体における取り組みについてご報告いただきました。後半のディスカッションでは、「来日費用と入国前借金」のような送出国とまたがるような課題については、各認証制度ではカバーされていないものの、このような課題解決につながる認証制度の必要性や、国としての取り組みを期待する意見がありました。 シリーズ第2回の研究会「グローバルスタンダードを目指すためには」では、認証や監査、評価制度についてご報告いだきました。バイヤーからの要請で対応を始めたとしても、最終的には企業価値向上になるという点がモチベーションになっていることや、先駆的企業の一員となるために、自らの意思で取り組まれている企業もあるという報告がありました。 そして今回の第3回では、「民間企業の取組みとJP-MIRAIの役割」をテーマに開催します。会員の皆様から「適正な受入れに向け、受入れ企業のみならず、監理団体なども認証制度を作るべきだ。」などのご意見をいただいており、これまでの議論を活かしつつ、JP-MIRAIとしてどのような取り組みが出来るのか議論を深める予定です。 開催日時:11月17日(木)15:00~17:00 開催方法:オンライン 申込URL:https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_-9gcjnQnRRK59FN3eNYm8g プログラム ...

JP-MIRAIは「第2回 インターナショナルジョブフェア東京 2022」に出展します。同イベントは、外国人材に特化した就職フェアで2021年に続き2回目の開催となります。2019年の「特定技能」の創設や高度人材の受入れ等、行政は積極的に外国人労働者の受入れを進めており、一時コロナ禍で採用を見合わせていた企業も、多くの企業が外国籍人材の雇用を再開しています。このような状況下、外国人材の採用を希望する企業と、日本で転職・就職を希望する外国籍人材のマッチングの場として、多くの外国人就職及び転職希望者や、学校関係者、企業団体が参加予定です。JP-MIRAIの同イベントへのブース出展は、①JP-MIRAIの活動紹介、②外国人材受入れに係る多様なステークホルタ―(出展企業や団体)との横の連携強化、③出展者、参加者に対し、JP-MIRAI事業の柱の一つである、JP-MIRAIポータル等の広報、を目的としています。開催期間中、ぜひ一度会場へ足をお運び頂けますようお願い申し上げます。■日時:2022/11/25(金)10:00-17:00、11/26(土)10:00-16:00■場所:東京都立産業貿易センター浜松町館 (東京都港区海岸1-7-1) 主催:インターナショナルジョブフェア 実行委員会 URL:https://inter-jobfair.jp/ 共催:一般社団法人 外国人雇用協議会 https://jaefn.or.jp/■同時開催:Expat Expo TOKYO 2022 EXPAT EXPO TOKYO 2022 (expat-expo.jp)      外国人向けの観光関係や物品の展示、さらに大使館によるフード販売など。■入場無料:下記イベント案内上のQRコード、またはイベントHP上で事前登録が必要。      イベント案内チラシ...

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。JP-MIRAIでは、四国・中国地方に拠点を置く企業・団体・個人の方々で、外国人の受入れ・多文化共生社会構築に関する活動をされている方々、これから外国人の支援に携わりたいと考えられている方々を対象に「外国人支援者向け研修会」を開催いたします。徳島県吉野川市における外国人の受入・地域内での交流の取り組みから、「地域において如何に外国人の方と共生していけるか」「外国人にとっても日本人にとっても魅力的な地域とは」について考えます。また、JP-MIRAIより、外国人の受入れと「ビジネスと人権」について、JICAより、昨年度実施した「2030/40年の外国人との共生社会の実現に向けた取り組み調査・研究」について、高松出入国在留管理局 より「外国人との共生」をテーマに、四国地域に求められる相談支援についてお伝えします。また、相談支援においては地域のネットワークが欠かせないことから、この機会に地域で外国人相談対応に関わる方々が繋がる場としても活用いただければ幸甚です皆様、お忙しい中かと思いますが本研修への参加につきまして、ご検討いただけますと幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。日時:10月26日(水)14時30分~17時00分場所:四国大学交流プラザ5Fフォーラムホールおよび オンライン主催:JP-MIRAI専用URL申し込みhttps://forms.gle/HFQJsgt6Eg1zpLkE8 チラシのダウンロードはこちらから...

受入企業・団体等の認証について考える研究会 第2回「グローバルスタンダードを目指すためには」 JP-MIRAIでは、8月25日に第1回「受入企業・団体等の認証について考える研究会」を開催し、自治体や業界団体のご担当者より受入れ企業や仲介団体に関する認証や評価制度などをご紹介いただき、議論を行いました。 外国人労働者をめぐる課題については、大きく分類すると、国の制度や法律に紐づいて起こっている課題と、雇用主や関係者の意識と理解不足により起こっている課題があります。前者は法制化・罰則など制度の見直しによりある程度解決されうる面もありますが、後者については、企業など外国人労働者を受け入れる側でも意識を高めていく必要があります。 そこで、第2回では、グローバルスタンダードやそれに基づく認証等を学び、JP-MIRAIとして目指すべき姿や方向性を検討します。 開催日時:10月13日(木)16:00~18:00 開催方法:オンライン 参加者:どなたでもご参加いただけます(事前登録制) 参加費:無料 参加申込:こちらからご登録をお願いします https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_Wwczbm8ASnGMbgBS5JvJFg ※登録されたメールアドレス宛に視聴URLが届きます。 ※届かない場合は、メールアドレスに誤りがあるか、迷惑メールに振り分けられている可能性があります。ご確認の上、再度ご登録ください。 問い合わせ:JP-MIRAI事務局 ask@jp-mirai.org プログラム ...

JP-MIRAIは地域に居住する外国人と地域の方が助け合い・交流するためのツールとしてアプリ「JP-MIRAIフレンズ」をローンチいたしました。このアプリでは、日本に来ても、職場以外の日本人と話す・交流する機会が無かったという外国人と、何か外国人の役に立ちたいという日本人をつなぐ機能を実現しております。紹介用のチラシを9言語(日本語、英語、中国語、ベトナム語、タガログ語、インドネシア語、ミャンマー語、ポルトガル語、スペイン語)で準備しており(https://jp-mirai.org/jp/2022/11915/)、また、今回、このアプリのローンチに合わせ、外国人との交流に役立つ知識が得られ、楽しく交流いただくきっかけとなるように下記の要領にて研修会を設けさせていただきましたので、ご関心のある方はご自身でご活用、ご参加いただいたり、お知り合いの方にご紹介いただければ幸いです。記【目的】・「JP-MIRAIフレンズ」の使い方や出来ることに関するご説明・外国人との交流にあたって知っておくと役に立つ情報のご紹介【事前登録について】参加をご希望の方は研修開催日の事前登録先リンクよりお申込みをお願いいたします。※ご登録後、Zoomより自動的に登録されましたメールに視聴リンクが送付されます。【研修 1回目】日時:2022年9月28日(水) 19:00-21:00 オンライン(zoom)開催事前登録先:https://zoom.us/meeting/register/tJYsduCurzMuH9dOFL-zq_eFY4CPkuMbsXFv主催:JP-MIRAI事務局(JP-MIRAIサービス)参加費:無料【研修 2回目】日時:2022年10月1日(土) 15:00-17:00 オンライン(zoom)開催事前登録先:https://zoom.us/meeting/register/tJUlfu2oqDoiG9J3JxpHLdiBsc96ymqHIAKl主催:JP-MIRAI事務局(JP-MIRAIサービス)参加費:無料【プログラム】※今回の研修は日本語のみとなります。※1回目・2回目の内容は同じですので、ご都合の良い日時にご参加ください。 ※参加登録ができない場合は下記のメールアドレスよりお申込みください。friends@jp-mirai.or.jp登録されたメールアドレス宛に視聴URLが届かない場合は、メールアドレスに誤りがあるか、迷惑メールに振り分けられている可能性がありますのでご確認の上、再度ご登録願います。個人情報は個人情報保護規定に従って適切に管理いたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。 お問い合わせ先JP-MIRAI共同事務局(JP-MIRAIサービス)一般社団法人JP-MIRAIサービス担当:吉住 優子 YOSHIZUMI Yuko(Ms) friends@jp-mirai.or.jp...