約30年前からの中南米日系人のデカセギ。就労状況は多様性を増し、国内の多文化共生社会に良い影響も与えています。基調講演としてブラジルCIATE理事長の二宮正人様、加えて在日ブラジル日系3世の写真家ジュニオール・マエダ様、在日ペルー日系4世で昨年技術系大学院を卒業した安里トレス ルイス アルベルト様にご講演いただきます。また、JICA理事長の北岡よりご挨拶申し上げます。ぜひ、ご参加ください!■開催日時:2022年2月3日(木)10:00~11:30■プログラム(案) 10:00~ 開会宣言 10:00~ 主催者挨拶 (JICA理事長 北岡 伸一)  10:10~ 講演1「工場労働から写真家の夢を追って(仮題)」 (ジュニオール・マエダ氏) 10:25~ 講演2「いつかボクたちの手で新素材開発を(仮題)」(安里 トレス ルイス アルベルト氏) 10:40~ 基調講演「外国人国内就労30年の変遷と今求められること(仮題)」(二宮 正人氏) 10:55~ 質疑応答(進行:JICA中南米部長 吉田 憲)  11:25~ まとめ、閉会■参加方法:オンライン(Zoom)■参加登録:ウェビナー登録 - Zoom■定員  :先着500名様■詳細  :オンライン・セミナー「多文化共生・日本社会を考える」連続シリーズ(第6回)特別編「日本のアルキ方 -国内日系人、デカセギからプロフェッショナリズムへ-」 | ニュース - JICA■問い合わせ: 担当:JP-MIRAI事務局JICA外国人材受入支援室 淺岡 電話:03-5226-8749 メールアドレス:tagfr1@jica.go.jp...

株式会社アバンセコーポレーション ファウンダー 林隆春氏と葱王・株式会社ティー・エス 会長 斎藤俊男氏を招いて、80 年代からの日系人の受入れの歴史を振り返るとともに、日本が諸外国から人材を受け入れる上で行わなければならないことを議論し、未来の多文化共生社会への示唆を得ることを目的に実施します。JP-MIRAI 会員外の方の参加も歓迎です。■開催日程:2022 年 1 月 25 日(火) 16:00~17:55■プログラム: 16:00-16:05 開会の挨拶  16:05-16:45 株式会社アバンセコーポレーション ファウンダー 林隆春氏 「日系人の受入の現状」等  16:45-17:15 葱王・株式会社ティー・エス 会長 斎藤俊男氏 「人を受け入れるということの基礎」等  17:15-17:50 パネルディスカッション 17:50-17:55 閉会■開催場所 東京都千代田区大手町 1-4-1 竹橋合同ビル(JICA 竹橋)9F オープンミーティングエリア【+オンライン(Zoom)】  ※新型コロナウィルス感染状況によっては、会場参加を関係者+メディアのみにする可能性があります。 会場情報:https://www.jica.go.jp/about/structure/takebashi_building.html■参加申込 下記リンクから参加登録をお願いします。(締め切り:1 月 25 日(火)16:00) https://zoom.us/webinar/register/WN_rvSxST6xR7WvPCYOHCsUmw ※会場参加をご希望の方は、参加登録項目内の会場参加希望にチェックください。新型コロナウィルス感染状況により、会場参加いただけない場合は、メールにてご連絡させていただきます。(会場参加希望締め切り:1 月 24 日正午)■問い合わせ: 担当:JP-MIRAI 事務局 JICA 外国人材受入支援室 八下田(やげた) 電話:03-5226-8749  メールアドレス: tagfr1@jica.go.jp...

JP-MIRAI会員ONE-VALUE株式会社フィ ホア(Phi Hoa)氏による在日ベトナム人実態調査報告会を1月21日17:30~18:30にて開催します。ベトナム人に特化した外国人材採用コンサルティング、外国人材支援を行っているONE-VALUE株式会社が2021年5月1日~7月31日にかけて、534名の在日ベトナム人を対象に実施した「在日ベトナム人による生活・就労に関する現状と課題の実態調査」の報告会です。上記の調査結果から、在日ベトナム人が潜在的に抱えている課題が明らかとなりました。今回の報告会では、調査結果の詳細と結果に対するONE-VALUE株式会社のインサイトをご紹介すると共に、今後ベトナム人を含む在日外国人が住みやすい社会を作っていくために、どのような取り組みができるかを皆様と考えていきたいと思います。会員以外の方、メディア含めどなたでもご参加いただけます。ぜひご参加ください。■ベトナム実態調査概要実施主体: ONE-VALUE株式会社実施期間: 2021年5月〜7月調査主要対象者:在日ベトナム人回答者: 534名調査結果サマリー:今回の調査の回答者が「日本の生活上の不安」として最も多く上げたのは「日本人との交流機会の少なさ」でした。この背景には、語学の壁・文化の違いによりベトナム人材が日本人と上手くコミュニケーションが取れない、またコミュニケーションができる機会がないという状況があります。これにより日本人のコミュニティとは別にベトナム人のコミュニティが孤立して形成されてしまう状況を生み出してしまい、社会から疎外された集団として貧困・犯罪の温床となる可能性があります。また、長く日本に住んでいるベトナム人は、こどもの教育に対する不安を抱えています。彼らはこどもの教育に関する様々な情報へのアクセスが難しく、学校での保護者会等におけるコミュニケーションにも不安を抱えています。【開催日】1月21日 17:30~18:30(オンライン)【報告者】ONE-VALUE株式会社 代表取締役 フィ ホア(Phi Hoa)氏【開催方法】オンライン(Teams)、事前申し込み制【申し込み】下記URLよりお申し込みください。 https://forms.office.com/r/Ph09SgCWHv【お問い合わせ先】 担当:JP-MIRAI事務局 JICA外国人材受入支援室 淺岡 電話:03-5226-8749 メールアドレス: tagfr1@jica.go.jp オンライン接続関連のお問い合わせは、下記にお願いします。ONE-VALUE株式会社電話:080-1980-9493メールアドレス:seminar@onevalue.jp...

このイベントは終了しました。実施報告はこちらからご覧下さい来年2022年は、外国人労働者の受入れの制度改善の議論が行われ、節目の年になると言われており、こうした中、各団体などから様々な提言が出されています。JP-MIRAIにおいては、これまで、「選ばれる日本」に向けて、会員の皆様とともに、自らの行動(取り組み)や様々なステークホルダー間の協業を通じて状況を改善していくことを主眼に置いて活動してきており、JP-MIRAIとして、政策提言等の取り組みは行っておりませんが、今般節目の年を迎えるにあたり、会員間で自由闊達な議論を行うことにより、相互理解を深め、今後の取り組みを加速するため、会員限定(非公開)の意見交換会を行うことにしました。 「外国人材の受入れに関する円卓会議」((公財)日本国際交流センター(JCIE)主催)の提言書及びJICAがとりまとめ中の「2030/2040年の外国人との共生社会の実現に向けた調査研究」を題材としつつ、自由討議を行う予定です。議論の結果は、発言者を特定しない形でJP-MIRAIのWebサイト上で発信するとともに、JICA調査研究の提言とりまとめの参考にさせて頂く予定です。 開催概要 日時: 2022年1月14日(金)16:30~18:45実施方法 : 会員対象、事前申し込み制、チャタムハウスルール※会場参加人数:70名場所:JICA竹橋(オープンミーティングエリア)【+オンライン(Zoom)】参加費:無料コロナ感染症対策: ①会場の収容定員を上限とします。 ②体調のすぐれない方の会場参加はご遠慮ください。 ③会場では原則マスク着用、手指消毒をお願いします。参加申込:受付終了しました <連絡先> 担当:JP-MIRAI事務局 JICA外国人材受入支援室 山田 電話:03-5226-8749 メールアドレス: tagfr1@jica.go.jp プログラム  <JP-MIRAI新春企画「徹底討論・日本の外国人労働者受入れのあるべき将来像は」>16:30 主催者挨拶、プログラム説明(JP-MIRAI和田事務局長)16:35 「外国人材の受入れに関する円卓会議」の提言書について(JCIE毛受理事)16:50 JICA調査研究と提言骨子案 の説明(JICA奥村室長)17:05 自由討議・まとめ (JICA宍戸上級審議役)18:15 閉会挨拶(JP-MIRAI事務局)18:20 名刺交換会・賀詞交換会 ※チャタムハウスルールとは、情報の公開と共有の自由を促すための会議参加者の行動規範です。このルールの下では、参加者は受け取った情報を自由に引用・公開することができますが、「その情報を誰が発言したのか」「その会議にどのような参加者が居たのか」という情報は伏せなければなりません。また、本会でよりセンシティブな情報をその場限りで伝えたい場合は、「その場限り」と発表者・発言者が宣言/明記する必要があります。本行動規範を遵守していただき、より自由闊達な討議ができますと幸いです。...

*このイベントは終了しました。報告はこちらに掲載しています。国際協力機構(JICA)とザ・グローバル・アライアンス・フォー・サステイナブル・サプライチェーン(ASSC)が共同事務局を務める「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム」(Japan Platform for Migrant Workers towards Responsible and Inclusive Society、略称JP-MIRAI)は、2020年11月の設立から約1年を迎え、第二回公開フォーラム「『選ばれる日本』に向けて必要な取り組みを考える」を開催します。本フォーラムの第1部では「『選ばれる日本』に向けた初年度の活動報告」と題し、設立から1年になる「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム」の活動を振り返るとともに、会員各位がプラットフォームの掲げる行動原則に基づき実践してきた「責任ある外国人受け入れ」について、会員間の投票で選ばれた事例を紹介します。第2部では「『選ばれる日本』に向けて今後必要な取り組みとは?」と題し、プラットフォームが今後強化する活動を紹介した上で、海外駐日大使館、企業、自治体など多様な有識者がさらに議論を深めていきます。ぜひ、皆様に当プラットフォームの思い、今までの活動、今後における日本の「責任ある外国人労働者受入れ」に向けた取り組み、をご覧頂きたく、このフォーラムへのご参加をお願いします。日経ホールで直接ご覧頂くこともできますし(先着順)、オンラインでの参加も可能です。開催の背景JP-MIRAIは、現在、350を超える企業・団体・個人がその趣旨に賛同して会員となり、更なる躍進に向けて取り組みを進めています。外国人労働者を巡る諸問題が社会の共通課題として認識され、改善に向けた更なる取り組みを進める必要があることから、今後の取組みについて考え、議論を深めることを目的に公開フォーラムを実施します。開催概要日時: 2021年12月6日(月) 午後3時30分~午後6時5分場所: 東京都千代田区大手町 1-3-7 日経ビル 3 階 日経ホール 【+オンライン配信】会場参加人数: 200 名 (会員、メディア、非会員一般公募(先着順))参加費:無料コロナ感染症対策:①会場の収容定員を上限とします。②体調のすぐれない方の会場参加はご遠慮ください。③会場では原則マスク着用、手指消毒をお願いします。参加申込:申込終了しました主催: 責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)後援: 一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)、国連グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン他、申請中問い合わせ:ask@jp-mirai.orgプログラム <公開フォーラム~「選ばれる日本」に向けて必要な取り組みを考える>第 1 部 「選ばれる日本」に向けたJP-MIRAI初年度の活動報告1530 (1) 2021 年活動ハイライト1540 (2) 協力団体感謝状贈呈(コラボ事業、講師等)1550 (3) 優良活動報告(4事例、各 4 分程度)第 2 部 フォーラム ~「選ばれる日本」に向けて今後必要な取り組みとは?1615 開会挨拶 「国際社会の中で『選ばれる日本へ』」 JICA 理事長 北岡伸一1625 ビデオメッセージ 中谷元首相補佐官(国際人権問題担当)1630 基調講演(1) 「国際社会で求められる人権への取り組み」駐日米国大使館経済部一等書記官 パメラ・ポンティアス氏1700 基調講演(2) 「ビジネスと人権~民間企業の取組み」 トヨタ自動車株式会社 人事部 海外労政室 室長 奥山洋介氏1715 パネルディスカッション   テーマ①:今求められる取り組み    テーマ②:JP-MIRAI の役割    モデレーター:杉田昌平弁護士   パネリスト:味の素株式会社 中尾洋三氏         佐賀県地域交流部国際課長 井崎和也氏         連合東京事務局長 斉藤千秋氏         京都精華大学 学長 ウスビ・サコ氏1800 閉会挨拶 JP-MIRAI事務局長 和田征樹...

JP-MIRAI youthでは、国内の外国人労働者の問題に関心を持つ学生や若手社会人を対象に、初学者向けの勉強・ 交流会を開催しています。第2回目となる今回は「日本語から考える多文化共生」をテーマとし、在留外国人が日本語で抱える課題や、やさしい日本語(外国人等相手にも配慮したわかりやすい日本語)について学びます。JP-MIRAI会員杉山絵理氏によるご講演、グループでのワークショップを予定しています。JP-MIRAI 会員もそうでない方も大歓迎です。 チラシはこちらよりダウンロード可能です。情報の共有・拡散にご協力ください。■開催日程:2021 年 12 月 5 日(日) 10:00~12:00(オンライン)■プログラム: 10:00-10:10 開会、JP-MIRAI youthの紹介 10:10-10:50 講演・質疑応答 10:50-11:55 交流企画(グループでのワークショップ) 11:55-12:00 閉会■開催方式オンライン (Zoom)、事前申し込み制(先着100名)■参加申込 下記リンクから参加登録をお願いします。(締切:12 /4(土)17 :00) https://zoom.us/meeting/register/tJwtcemuqzkvG9zdxhMLoE8ouKZhpd3Nf7fV ■お問い合わせ先勉強・交流会に関するお問い合わせは、youth@jp-mirai.org またはyouth Facebookグループにログインの上、管理者までお願いします。https://m.facebook.com/groups/617434892994479/?ref=pagesprofile_groups_tab&paipv=1★JP-MIRAI youth は、若者の為の外国人労働者問題に関する学びや交流の場です。外国人労働者問題に興味関心のある学生、若手社会人の方ならどなたでも参加頂けます(年齢制限はございません。JP-MIRAI会員以外の方も参加可能です)。気軽に意見交換や取り組み事例の共有ができる youth用Facebookグループ【JP-MIRAI youth コミュニティーページ】を開設したので、ぜひ参加ください。▼参加希望はこちら https://m.facebook.com/groups/617434892994479/?ref=pages_profile_groups_tab&paipv=1 ...

*このイベントは終了しました。実施報告はこちらから見られます8月から新たに立ち上がったJP-MIRAI youth では、国内の外国人労働者の問題に関心を持つ学生や若手社会人などyouthメンバーまたはyouthメンバーになりたい方向けの勉強・交流会を開催します。第1回目となる今回は「イチからわかる技能実習」と題し、技能実習制度の仕組みや背景について学びを深めます。JP-MIRAI会員弁護士による講演や、チーム対抗のクイズ企画の実施を予定しています。JP-MIRAI会員外の方の参加も歓迎です。 チラシはこちらよりダウンロード可能です。情報の共有・拡散も大歓迎です。■開催日程:2021 年 10 月 24 日(日) 16:00~18:00(オンライン) ■プログラム: 16:00-16:05 開会の挨拶 16:05-16:10 JP-MIRAI youthの紹介 16:10-17:00 講演・質疑応答 17:00-17:55 交流企画 17:55-18:00 閉会の挨拶■開催方式オンライン (Zoom) 、事前申し込み制(先着100名)■参加申込下記リンクから参加登録をお願いします。(締切:10 /22(金) 18:00)https://zoom.us/meeting/register/tJIofu6hrTgtHtfVbftYcFtBjf92Gv3kNWQ-■お問い合わせ先勉強・交流会に関するお問い合わせは、youth@jp-mirai.org またはyouth Facebookグループにログインの上、管理者までお願いします。https://m.facebook.com/groups/617434892994479/?ref=pagesprofile_groups_tab&paipv=1★JP-MIRAI youth は、若者の為の外国人労働者問題に関する学びや交流の場です。外国人労働者問題に興味関心のある学生、若手社会人、ボランティアの方ならどなたでもご参加頂けます(年齢制限はございません。JP-MIRAI会員以外の方もご参加可能です)。気軽に意見交換や取り組み事例の共有ができる youth用Facebookグループ【JP-MIRAI youth コミュニティーページ】を開設したので、ぜひご参加ください。▼参加希望はこちら https://m.facebook.com/groups/617434892994479/?ref=pages_profile_groups_tab&paipv=1...

このイベントは終了しました。実施報告についてはこちらをご覧下さい。1.背 景我が国が、2020年10月に策定・公表した「『ビジネスと人権』に関する行動計画(2020ー2025)」において、SDGsの達成や国際社会の関心が高まる中、人権の保護・促進への取り組みが一層重要になっておるとの認識のもと、官民様々な取り組みが掲げられています。特に企業に対しては、「企業活動における人権への影響の特定、予防・軽減、対処、情報共有を行うこと、人権デュー・ディリジェンスの導入促進への期待」が表明されています。これらはグローバル企業のみならず、そのサプライ・チェーンにある企業や中小企業にも対応が求められています。こうした取り組みは、個々の企業等で対応していくには、難しく関係するステークホルダーが協力し、取り組みを進めていく必要があります。我が国には、様々な在留資格で来日する外国人労働者に対して、既に政府や自治体、労働組合、NPO等民間団体による相談窓口や支援機能がありますが、これらの機関が果たす役割と各企業等が果たすべき役割の役割分担や連携協力の在り方、対応が行われてきておりますが、今後、私たちが、さらにどのような取り組みを行うべきか、また責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)がどのような役割を果たしうるのかについて議論を行う事を目的として公開研究会を開催します。2.開催日程・プログラム案:(日程・登壇者は変更になることがあります) 3.開催形式:   オンライン        (参加申し込み・登録された方にリンクをお送りします)4.参加者 :    どなたでもご参加いただけます(事前登録制)      5.資料公開:    プレゼンターの許可あるものは原則公開。ディスカッションについては、発言者を特定しない形で公開。6.申し込み:   終了しました...

このイベントは終了しました。実施報告についてはこちらをご覧下さい。JP-MIRAIは7/18、8/15、9/19に「在日ミャンマー人向け在留と仕事に関する個別相談会」を開催します。6/26に実施済みの「在日ミャンマー人向け在留と仕事に関するセミナー」(「在日ミャンマー人向け在留と仕事に関するセミナー」実施報告 - Japan Mirai (jp-mirai.org))参加者からも開催希望があったものです。ぜひこちらの資料を使って、対象者にご案内ください。 PDF版はこちら PDF版はこちら ask@jp-mirai.orgJP-MIRAI Facebook...

技能実習生をはじめ外国人材を適切に育成・保護・支援し、差別のない多文化共生社会の実現に向けた取り組みをされております、「一般財団法人 外国人材共生支援全国協会(NAGOMi)」が厚生労働省及び法務省の後援を得て、6月より半年間「技能実習制度に関わる不正行為撲滅キャンペーン」を展開されており、JP-MIRAI事務局にも呼びかけの協力依頼がありました。 事務局として、JP-MIRAIの趣旨に合致するものとであると判断しましたので、皆様にも可能な範囲でご協力・拡散をお願いする次第です。 https://nagomi-asia.or.jp/campaign/campaign-20210622/...